このページの本文へ

エレコム、iPhone用の耐衝撃ケースなど7製品が「iFデザインアワード2020」を受賞

2020年02月07日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは2月7日、同社の7製品が「iFデザインアワード2020」を受賞したと発表。

 iFデザインアワードは、ドイツのデザイン団体「iF International Forum Design」が選出した製品に授与するデザインアワード。すべての受賞デザインはiF WORLD DESIGN GUIDEとiF design appに掲載されるほか、ハンブルグにある施設「iF design exhibition Hamburg」に展示される。

 受賞製品は「iPhone用NESTOUTケース・トレッキングモデル」「iPhone用NESTOUTケース・フェスキャンプモデル」「Bluetoothヘッドホン"bund"」「メモエリア付きシリコンマウスパッド」「リストレスト付きマウスパッド&リストレスト"dimp gel"」「スポーツ&ビジネスバックパック BUNP」「TIPS AIR」の7製品。

 iPhone用NESTOUTケース・トレッキングモデルは、素材にポリカーボネートとTPUを使用した、耐衝撃構造のiPhoneケース。着脱可能なホルダーを使用した撮影や地図確認が可能なほか、MIL-STD準拠の落下耐衝撃性能や手袋でも操作しやすいとするボタンなどを備え、トレッキングに最適とする。iPhone 11 Pro用の「PM-A19BNESTT」シリーズ、iPhone 11用の「PM-A19CNESTT」シリーズ、iPhone 7/iPhone 8用の「PM-A17MNESTT」シリーズが受賞した。

 iPhone用NESTOUTケース・フェスキャンプモデルは、フェスやキャンプなどに最適とする耐衝撃設計のiPhoneケース。付属のパラコードストラップは、ハンドストラップやハンドベルトとして利用でき、落下防止に役立つとのこと。iPhone 11 Pro用の「PM-A19BNESTF」シリーズ、iPhone 11用の「PM-A19CNESTF」シリーズが受賞。

 Bluetoothヘッドホン bundは、完全左右対称のミニマルデザインとくすみカラーを採用したワイヤレスイヤフォン。今までデザインが重視されなかったというブッシュ部やバッテリー・リモコン部も、細部までデザインを統一したとのこと。直径8mmのダイナミックドライバーとチタンコート振動板を採用。Bluetooth 4.2でデバイスと接続し、対応コーデックはSBC。使用周波数帯域は2.4GHz帯。充電時間は約2時間で、連続再生時間は最大約6時間、連続通話時間は最大約6.5時間、連続待受時間は最大約120時間。

 メモエリア付きシリコンマウスパッドは、表面に凹凸を施すドットスクエア加工によりカーソルが飛びにくく、快適なマウス操作が可能とのこと。メモエリアは、油性ボールペンで書いた内容を消しゴムで消すことができる。

 リストレスト付きマウスパッド&リストレスト dimp gelは、「手首に寄り添う、やさしいカタチ。」をコンセプトに、思わず何度も触りたくなってしまうような、やみつきになる気持ちよさを追求したとのこと。内部クッション材には、医療福祉分野でも使われている体圧流動分散性に優れたゲル素材「EXGELR」を使用した。リストレスト付きマウスパッドの「MP-DG01」シリーズ、リストレストの「MOH-DG01」シリーズが受賞。

 スポーツ&ビジネスバックパック BUNPは、スポーツ用品と仕事道具を持ち運べるバックパック。仕事道具と運動用品の収納空間が分かれているため、それぞれのシーンで使い分けができるという。ロッカーなどに収納した際、側面から荷物を取り出すことができるほか、バッグ本体に収まる衣類/シューズ専用ケースも付属する。

 TIPS AIRは、全面ラバー設計を採用したつまみ持ちに最適というマウス。親指部分をすり鉢形状に削る、重心のバランスを考慮して電池を製品の中央に配置するなど、マウスをつまみ持ちするユーザーのための工夫を重ねたとのこと。光学センサーはブルーLEDを採用し、分解能は2000カウント。ワイヤレスタイプの「M-TP10DB」「M-TP20DB」、静音ボタンを採用したワイヤレスタイプの「M-TP10DBS」「M-TP20DBS」、有線タイプの「M-TP10UB」「M-TP10UBS」が受賞した。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース