このページの本文へ

サードウェーブ、GALLERIA3台と高速通信回線のセットを1年間無償提供するプログラムの受付開始

2020年02月03日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは2月3日、ゲーミングデスクトップPC「GALLERIA」3台と高速通信回線「サードウェーブ光」のセットを、1年間無償で提供する「新eスポーツ部発足支援プログラム」の受付を開始した。

 2018年から開始した「eスポーツ部発足支援プログラム」は3年目を迎え、当該プログラムを利用してeスポーツ部を発足した全国の高等学校(定時制・通信制を含む)および高等専門学校は、1月で112校を数えたという。

 新プログラムは、eスポーツ部発足支援プログラムの発足当時からあった、回線もセットにしてほしいという要望に応えたもの。GALLERIA3台、ASUS製の24.5型ゲーミングディスプレー「VG258Q」3台、高速通信回線サードウェーブ光(プロバイダー込)、ASUS製のルーター「RT-AC86U」のセットを、1年間無償で提供する。

 無償提供期間終了後は、最新のeスポーツ環境を反映したPCを使用できるという月額コース(月額2万2000円)、買取コース(金額は要問合せ)、返却を選択可能。また、GALLERIAとディスプレーは、オプションで1台から追加発注できる。

 提供するGALLERIAのスペックは、CPUがCore i7-8700、グラフィックスがGeForce GTX 1060、メモリーが16GB、ストレージが250GB SSD+1TB HDD。

 申し込みは、1キャンパス1セットまで。申し込み期間は12月28日まで。新プログラム詳細と申し込みはこちらから。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ