このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

まるで旧MacBookシリーズに搭載されている「MagSafe」のようなアイテム

アップルMagSafeが復活? USB Type-Cの弱点を克服する便利アイテム「MagJet」

2020年01月03日 15時00分更新

文● 佐藤 正人 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップル「MagSafe」のような便利アイテム「MagJet」

 少しずつ身の回りの周辺機器がUSB Type-Cに対応しつつあることで、今までにはなかった多くのメリットを享受できるようになってきました。例えば、データの転送速度の速さや差し込む際に上下の区別がなく楽なこと、デバイス間での互換性に優れていることなどさまざまで、世の中のデジタル製品がすべてUSB Type-C対応になればいいのにとさえ思うほど便利になりました。

 ただ、ひとつだけ個人的に弱点だと感じているポイントがあります。それはケーブルの抜きづらさにあります。使用する製品によってはあまり気にならないものもあると思いますが、ノートPCのように持ち歩く製品の場合は頻繁に抜き差しすることになるため、少しでも抜きづらさがあるとイライラしてしまいがち。特に、Macを購入した際に付属している白いケーブルは先端がツルツルとした手触りなので、より抜きづらさを感じるというのは筆者だけではないはずです。

 なお、解決方法としてはサードパーティー製の滑りにくい素材を使用したケーブルに買い換えるというのが一般的かもしれませんが、今回は少し違った方法で解決してみたいと思います。

懐かしのアップル「MagSafe」のような便利アイテム

専用ケースが付属

 MagSafeは2017年頃まで発売されていたアップルのMac製品に搭載されていたコネクターで、2018年以降はUSB Type-Cに置き換えられたため、MagSafeを搭載するモデルはなくなってしまいました。MagSafeの最大の特徴は抜き差しのしやすさにあり、万が一、充電ケーブルに足をひっかけてしまっても簡単に抜ける仕様になっているので、Mac本体が引っ張られてデスクから落下する事故を防ぐことができます。

 一方、USB Type-Cは一度差し込むとカチッとはまってなかなか抜けなくなり、抜く際は少し力が必要になります。しっかりと差し込まれる感覚はメリットでもあり、反面、抜きづらいというデメリット要素もあわせ持ってるので、MagSafeと比較してどちらが優れているという判断は難しいかもしれませんね。

USB Type-Cに対応

MagJetのアダプター

 そこで、アップルのMagSafeと似た感覚でケーブルを使用できる「MagJet」を購入してみました。MagJetはUSB Type-Cポートに接続して使えるアクセサリーなのでMacBookシリーズはもちろん、iPad ProやWindowsパソコンなどでも使うことができます。

 強力なマグネットと6ピンコネクターで構成されており、専用のアダプターをデバイスのUSB Type-Cポートに差し込んで使います。アダプターを差し込んだ状態で、もう一方のケーブルをアダプターに近づけると「パチン」と勢いよくくっついて充電が開始されます。

MacBook Proに装着した状態

ケーブルは簡単に外せる(アダプターはついたまま)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中