このページの本文へ

miniも登場! iPhone 12、ASCII徹底大特集 第13回

iPhone 12で対応の新たなワイヤレス充電の仕組み「MagSafe」機器を整理

2020年10月14日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 12とともに発表された「MagSafe」。iPhone 12の背面に内蔵された磁石により、Apple Watchのように専用の充電器がピタッと張り付いて、確実に充電してくれるというものだ。Qi仕様準拠で最大7.5Wだった従来モデルのワイヤレス充電対応に対し、最大15Wへとアップしており、充電速度も高速化している(iPhone 12ではQi仕様準拠の機器でのワイヤレス充電も可能)。

これまでのパッドと違い、充電器が磁石でくっつくのでズレによる充電ミスが発生しない仕組み

充電器はオプションで4500円
同時発売のケースもMagSafeに対応

 まず、MagSafe充電器はオプションとして販売され、価格は税抜4500円。iPhone 8以降やAirPods用のワイヤレス充電ケースなどの機器とも、磁石では張り付かないものの互換性を持つとされている。

充電器そのものはオプションで4500円

 また、今回登場したiPhone 12用のシリコーンケース/クリアケース(ともに税抜5500円、iPhone 12とiPhone 12 Pro用は共用)はともにMagSafe対応で、ケースを付けたままでもMagSafeによる充電は可能とされている。

今回の純正ケースはMagSafe対応をうたう

 プラスして登場したのが「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット 」(税抜6800円)。これはクレジットカードなどのカードが入れられるヨーロピアンレザーで作られたケースで、ここにも磁石が入っており、iPhone 12の背面にピタッと貼り付き、この状態でMagSafeによる充電が可能。さらに前述のクリアケースやシリコンケースとの組み合わせも可能。

カード類を収納できるレザーウォレット。これも磁石でくっつく

 気になるのは磁気ストラップがあるカードでトラブルが発生しないかだが、アップルのサイト上での説明では「クレジットカードを安心して入れられるように、シールド機能も持たせました」と記されている。ここまでの製品はいずれも各iPhoneと同時に発売。

 発表会ではさらにiPhone全体を収納し、ディスプレー部に用意された小窓で時間などが表示できる「レザースリーブ」、Apple WatchとiPhone 12を同時に充電できる「MagSafeデュアル充電パッド」も登場したが、この2製品の販売時期は「後日発表」とされている。

レザースリーブは今後に詳細発表予定

デュアル充電パッドも同様

 また、サードパーティー製機器の登場も明かされており、ベルキンが開発した車載用スタンドが公表された。新たなスタイルの製品にも期待が持てそうだ。

サードパーティー製のMagSafe機器も登場予定

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中