このページの本文へ

「暗影」は12月18日から実装予定

「ArcheAge」イベントで爽快感のある新適正「暗影」を一足先に体験!

2019年12月09日 17時00分更新

文● 市川 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

12月8日、秋葉原アイ・カフェにて「ArcheAge6.0 新適性『暗影』先行試遊イベントin東京」を開催。12月18日実装予定の新適正「暗影」を一足先に試遊してきた

 ゲームオンは12月8日、秋葉原アイ・カフェにて「ArcheAge6.0 新適性『暗影』先行試遊イベントin東京」を開催した。同社が運営するMMORPG「ArcheAge(アーキエイジ)」に追加される新適正「暗影」を一足先に試遊できるというもの。暗影は、12月18日の定期メンテナンス時に実装される「ArcheAge6.0アップデート」の目玉コンテンツだ。本記事では暗影のプレーレポとイベントの模様を紹介していく。

「ArcheAge」は自由なプレースタイルを提供する大型MMORPG

約11種類の適正を3つ組み合わせることで、約165種類から職業を選択できる

冒険者から農民、領主、犯罪者までさまざまなプレースタイルでのロールプレーが楽しめる

 まず、ArcheAgeがどういったゲームなのかを簡単に説明しておこう。韓国のXLGAMESが開発したArcheAgeは、最新のゲームエンジン「CryENGINE 3」を採用した大型MMORPG。圧倒的な自由度が本作の特長で、冒険者から農民、領主、犯罪者までさまざまなプレースタイルでのロールプレーが楽しめる。

 また、プレーヤーは約11種類の「適性」(12月18日から暗影が追加)から3つを選ぶことで、 約165種類から職業を決定でき、それぞれ自分の好みにあった能力(スキル)を持てる。勢力に所属して大規模な戦争を体験してもよし、農業を営んで平和に過ごしてもよしと自分好みの遊び方を提供する。プレーヤーの希望を叶えてくれるコンテンツを豊富に取り揃えている点が、本作の魅力的なポイントだ。

新適職「暗影」を一足先に試遊してきた

暗影は近接戦闘に特化した新適正。一瞬で敵との距離を詰め、俊敏な連続攻撃を繰り出せるのが特長だ

円陣の中に入ると敵から姿を隠せるスキルも

ほかの適正と組み合わせることで、暗影の持ち味を生かした職業をアンロックできる

 今回のイベントで、新たに実装される暗影を一足先に試遊してきた。暗影は近接戦闘に特化した新適正で、俊敏な連続攻撃を繰り出すスタイルが特長だ。また、対象の敵にこっそり忍び寄って奇襲もでき、暗殺者のような立ち回りも可能。「格闘」や「ロマン」などの適正と組み合わせれば、暗影の持ち味を活かした職業をアンロックできる。どういったシナジーを生むのかは実装後にチェックしてもらいたい。

 実際に試遊してみたところ、攻撃スタイルがカッコよく、爽快感のあるバトルが楽しめた。近接戦闘に特化したスキルを駆使し、切り込み隊長として敵に奇襲を仕掛けるといったプレーができそうだ。ただ、闇雲に突っ込むと複数の敵に袋叩きに遭うケースもあるので、なるべくチームと連携を組んで動いた方がよいだろう。何はともあれ、近接戦闘を好むユーザーにオススメしたい適正といえる。

※現在開発中のため、スキル名称などは実際と異なる場合があります。

好評価の声が多かった先行体験会

秋葉原アイ・カフェにて開催された先行試遊イベント

会場内の様子

暗影を試遊した様子をツイートするとオリジナルグッズがもらえるキャンペーンも

 先行体験会には多くのユーザーが集い、新適正である暗影を楽しんでいた。一足先に体験したユーザーに感想を聞いてみたところ、「爽快感があって面白い」「アクロバティックな動きができる」「エフェクトが豪華」「ほかのスキルと組み合わせてみたら面白そう」といった肯定的な意見が多数挙がった。

 2013年にサービスを開始してから6年が経った今でも、多くのプレーヤーに支持されているArcheAge。本作は基本プレー無料のタイトルなので、MMORPGに興味がある人は一度プレーしてみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ