このページの本文へ

Google Nest Hub Maxは、6.5メガピクセルの広角カメラを新たに搭載

本日発売「Google Nest Hub Max」「Google Nest Mini」を開封

2019年11月22日 10時00分更新

文● 阿部 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは今日22日、「Google Nest Hub Max」と「Google Nest Mini」を発売した。価格はGoogle Nest Hub Maxが2万8050円。Google Nest Miniが6050円。

 Google Nest Hub Maxは、既在のGoogle Nest Hub7型ディスプレーに対して、10型ディスプレーを搭載。また、内蔵カメラとマイクを使って、遠く離れた家族と会話したり、家の中の様子を外出先からチェックしたりできる。また、カメラを使った顔認証機能「Face Match」も大きな特長だ。

 Google Nest Miniは、Google Home Miniからサウンド機能を強化し、従来モデルより2倍強力な低音を再生できるようになったという。

ディスプレー上部に6.5メガピクセルの広角カメラを装備!

 まずはGoogle Nest Hub Maxから見ていこう。

外箱はシンプル
箱を開けると、フィルムに包まれた本体が登場
内容物は、Google Nest Hub Max本体、電源アダプター、マニュアル

 サイズは幅250.1×奥行き101.23×高さ182.55mmで、重さは1.32kg。ディスプレーは10型(1280×800ドット)だ。

Google Nest Hub Max(左)とGoogle Nest Hub(右)

 「Google Nest Hub」と並べると、大きさの違いがよくわかる。ちなみにGoogle Nest Hubのサイズは幅178.5×奥行き67.3×高さ118mm、ディスプレーは7型(1024×600ドット)。

Google Nest Hub Maxは照度センサーの横にカメラを搭載Google Nest Hubは照度センサーとマイクのみ

 もう一点、Google Nest Hubとの大きな違いは、ディスプレー上部に6.5メガピクセルの広角カメラを搭載することだ。オートフレーミング機能に対応し、人物が画面の中央に映るよう自動的にアングルを調整する。

 スタンド部分背面には電源アダプターを、ディスプレー背面にはマイク・カメラのON/OFFボタンと音量ボタンを備える。スタンド部分はGoogle Nest Hub同様のファブリック仕立て、底面も滑り止め効果のある白いゴム製で、サイズ以外に違いはない。

 電源を入れると、グーグルのロゴが表示される。なお電源は、アダプターをコンセントに差し込むだけでオンになる。

 セットアップはGoogle Nest Hub同様に、スマホ向けの無料アプリ「Google Home」で実施する。

 セットアップ完了後、チュートリアルを経て、すぐに使える状態になる。所要時間は約20分ほどだった。

大きさはGoogle Home Miniと変わらず
電源がmicroUSB経由からDC電源ジャックに

続いて、Google Nest Miniの開封の様子を紹介しよう。

縦長の外箱はいたってシンプル
開封すると、Google Nest Miniが収納されている
内容物は、Google Nest Mini本体、電源アダプター、マニュアル
Google Nest Mini(左)とGoogle Home Mini(右)

 サイズは直径98×高さ42mmで、Google Home Miniと同じ。2つを並べてみても、一見して違いはない。

Google Nest MiniはDC電源コネクターを装備Google Home Miniの電源供給はmicroUSB経由

 大きな違いは電源ポートだ。Google Home Miniの電源供給がmicroUSB経由だったのに対し、Google Nest MiniはDC電源コネクターを装備している。

本体裏面。Google Nest Mini(左)は、壁掛け用のくぼみを装備

 また、本体裏面には壁掛け用のくぼみのくぼみを備える。

電源を入れると、本体中央のライトが点灯
セットアップは4~5分で完了した

 電源を入れると、本体中央が点灯。セットアップは、Google Nest Hub Maxと同様にGoogle Homeを使用する。

マイクON/OFF以外のボタンのみ。マイクをOFFにすると、本体中央のライトもオレンジ色に点灯する。

 セットアップ後は、操作方法のチュートリアルがある。Google Nest Miniは、マイクON/OFF以外のボタンが存在しない。本体をタップすることで、楽曲の再生・停止とボリューム調整が可能だ。

本体中央をタップすると、楽曲の再生・停止
本体右側面をタップすると、ボリューム上げ
本体左側面をタップすると、ボリューム下げ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン