• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • PS5用カバーのカラーバリエーション「スターライト ブルー」「ギャラクティック パープル」「ノヴァ ピンク」が2022年6月17日に発売決定

  • Switch『那由多の軌跡 アド・アストラ』の発売日が5月26日に決定!

  • 戦は出陣の前から始まっている。『信長の野望・新生』のシステム紹介動画・第3弾「戦の準備」が公開

  • Switch/PS4『ANONYMOUS;CODE』のゲームオープニングムービーが公開!新たに4人のキャラクターも

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんのVRゲームは、今だけ三玖のために ~私とデート、してほしいの~」が5月20日より開催!

  • 『FFオリジン』が1週間限定で25%オフセール!セーブデータを引き継げる体験版も配信中

  • GPU内蔵CPUでフルHDで30fpsを維持! 『Winning Post 9 2022』をAMD「Ryzen 7 5700G」で遊んでみた

  • “ありったけ”をぶつけろ!『モンハンライズ:サンブレイク』の「弓/チャージアックス/ガンランス/狩猟笛」を紹介する映像が解禁

  • PS4/Switch『デジモンサヴァイブ』はテキストアドベンチャー主軸の物語重視の作品。タクティクスバトルの詳細も判明!

  • 4Kでも平均138fps以上!高評価のアクションRPG「TUNIC」を「Ryzen 7 5700G」&「Radeon RX 6700 XT」で遊んでみた

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022June

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

アジア太平洋代表のAerowolfが準決勝進出!

激闘過ぎて日付変わった日本初開催R6S世界大会初日をレポート

2019年11月10日 03時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

初の日本開催となる「レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan」が開催

 11月9日、10日に愛知県国際展示場「AICHI SKY EXPO」で「レインボーシックスシージ」の世界大会「レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan」が開催。アジア太平洋代表としてAerowolfとWildcard Gaming 、ヨーロッパ代表としてからGiants GamingとNatus Vincere、南米代表としてFaZe ClanとNinjas in Pyjamas、北米代表としてDarkZero EsportsとTeam Reciprocityが出場した。

 第1マッチはDarkZero EsportsとFaZe Clanが激突。マップは銀行と領事館とおなじみのマップだったが、2試合ともDarkZero Esportsが獲り、勝利を手にした。

DarkZero Esports

FaZe Clan

銀行

領事館

 第2マッチはNatus VincereとWildcard Gamingが対決。第1試合のカフェドストエフスキーをWildcard Gamingが先取したが、第2試合の海岸線はNatus VincereNatus Vincereが取り返す。第3試合のクラブハウスでは7対7までもつれ込んだが、最終的にNatus Vincereが勝利をもぎ取った。

Natus Vincere

Wildcard Gaming

カフェドストエフスキー

海岸線

クラブハウス

 第3マッチは、Giants GamingとAerowolfが衝突。第1試合のカフェ・ドストエフスキーはGiants Gamingが先取。しかし、第2試合のヴィラは接戦のうえAerowolfが取り返した。最終戦となった海岸線では、ここでも最後の最後まで勝敗はもつれこんで、激闘の末Aerowolfが勝利を飾った。日本と同じ地域であるアジア太平洋代表のAerowolfが勝利を飾った瞬間、この日1番の歓声が上がった。

Giants Gaming

Aerowolf

カフェ・ドストエフスキー

ヴィラ

海岸線

 この日の最終マッチは、Team Reciprocity対Ninjas in Pyjamas。第1試合の海岸線はTeam Reciprocityが勝利。第2試合となる領事館は、一進一退の攻防を繰り広げ、Team Reciprocityが制した。

Team Reciprocity

Ninjas in Pyjamas

海岸線

領事館

 この日、白熱した試合が多すぎて最終戦が終了したときは日付が変わっていた。11月10日には、準決勝および決勝が開催される。どの試合も要注目だが、とくにアジア太平洋代表のAerowolfがどこまでいくのかが気になるところだ。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう