このページの本文へ

eスポーツの健全な発展と新しい文化の普及を図る

eスポーツが教育現場に!「一般社団法人全国高等学校eスポーツ連盟」設立

2019年11月07日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブと毎日新聞社は11月7日、「一般社団法人全国高等学校eスポーツ連盟(Japan High School Esports Federation:JHSEF)」を設立したと発表した。

 ユニバーサルスポーツとして、あらゆる高校生がeスポーツを通して個人の能力を磨き、仲間との協調性を高める環境を作り、eスポーツが日本の新しい文化として社会に根付くことを目指すとしている。

 理事長には尚美学園理事長で尚美学園大学学長の久保公人氏(元文部科学省青少年スポーツ局長)が就任。教育関係各方面、諸団体、公的機関、企業とも手を携え、高校生の課外活動としてのeスポーツを支えてeスポーツの健全な発展と、eスポーツという新しい文化の普及を図る。

 教育的活動としては、はじめに北米を中心にeスポーツを活用した教育機会を開発・提供する北米教育eスポーツ連盟(North America Scholastic Esports Federation:NASEF)との提携を図り、eスポーツを通じた国際交流などに取り組むという。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ