このページの本文へ

部や同好会を作りたい高校にゲーミングPCをレンタル

サードウェーブ、「eスポーツ部 発足支援プログラム」発表

2019年03月28日 17時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは4月1日より、高校向け「eスポーツ部 発足支援プログラム」の申込受付を開始する。

 eスポーツ部を作りたい高校生に対してゲーミングPCの貸し出しを行なう支援プログラム。2018年に実施したプログラムでは78校の高校が申込み、全国各地の高校に新しくeスポーツ部が誕生したという。

 前回のプログラムにおける要望を受けて申込期間を延長し、2019年4月1日~2020年3月31日とする。ゲーミングPC「GALLERIA GAMEMASTER」のデスクトップPC×3台とノートPC×2台の計5台、3年間(36ヵ月)の継続レンタルとなり、3年間継続することを条件に1年目と2年目が無償となる。

 学校に認められた部または同好会(チーム)であること、PCは校内に設置して練習や大会参加に支障の無い有線のブロードバンド回線が準備されていることなどの条件がある。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ