このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第633回

オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」で台風一過の夜猫を激写!

2019年10月22日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

夜の公園で繰り広げられる
猫の井戸端会議を撮るためのカメラ装備

台風一過の夜、公園に行ったら1匹だけ発見。手前に風で落ちた枝を入れてみた。2019年10月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 台風の被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。想像以上の規模でありました。台風が去ると近所の地域猫はどうなったかなと気になるもので、徒歩で行ける範囲でと、夜になると猫が集まって井戸端会議を繰り広げる公園に行ってみると、さすがにいないかと思いきや、おりました。風で落ちた枝と一緒に撮ったのが冒頭写真。とりあえず無事。塀の上でぼーっと遠くを見ているチャトラも。首のあたりの肉がだぶついてるのを見ると、首輪をしてるようである。

チャトラを背中から。街灯の明かりがいい感じにあたって輪郭がきれいに出てくれた。奥に見える丸くボケた光源が夜の楽しさ。2019年10月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 と始まったけど、実は前回の続き。明るい単焦点レンズは夜の猫を撮るときにもオススメなのだ。昼間は人目に付かないところにいる猫も、夜になって人通りが減ると安心してふらっと出てきたりするのである。時には道路の真ん中で油断しきってゴロゴロしてて、わたしが通りがかると慌てたり。

 そんなときに明るい単焦点レンズがあると、夜の暗い場所でもISO感度を上げすぎないで撮れる、背景の光源がふわっと丸く光ってアクセントになる、というメリットがある。そして、たまたま猫に街灯の光が当たっていると、漆黒の背景に猫が浮かび上がる感じになってカッコいい。白っぽい猫だと、マイナスの露出補正をかけてやればいい感じのコントラストになる。こんな風に。

冒頭写真と同じ猫だけど撮ったのは別の日。ちょうど公園灯の下にいたので暗い背景にくっきりと浮かんでくれた。2019年10月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 オリンパスのE-M1 Mark IIに56mm F1.4と30mm F1.4を携えて、夜の散歩。E-M1 Mark IIを使うのは、わたしの主力機、ってのもあるけど、手ブレ補正が超強力だから。夜の撮影によいのである。シャッタースピードを下げて、猫がじっとしてる瞬間を狙って……撮ったら、目の前を別の猫がそそくさと通り過ぎてくださりやがったので、面白い写真になりました。シャッタースピードは1/8秒。

 大きくブレてるチャトラをじっと見つめてる薄いチャトラ、ていう静と動な感じがポイントだ。夜の猫を撮るには超強力な手ブレ補正が必須ですな。

薄いチャトラハチワレが玄関前にいたのでしゃがんで狙ったら、ちょうどそのまえを横切ったのですかさず。目線がいい。2019年10月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン