このページの本文へ

医薬品副作用報告や医療機器不具合報告に利用できる「PVLink Camera Report」

キヤノンITS、製薬企業向けMR支援システムの新版を販売開始

2019年10月09日 10時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2019年10月9日、製薬企業向けMR(医薬情報担当者)支援システム「PVLink Camera Report」の新版(Ver1.1)を販売開始した。新版では医薬品の副作用/症例報告に加えて、医療機器の不具合報告にも対応。さらに安全性情報進捗管理システムへの自動登録機能も搭載している。

「PVLink Camera Report」のシステム概要(青枠線内が製品範囲)

 PVLink Camera Reportは、MRが医療機関から収集した医薬品の副作用情報(調査票)を、モバイルデバイス内蔵カメラで撮影し、セキュアかつ迅速に社内安全管理部門に報告できるシステム。モバイルデバイスにインストールする報告用アプリと、社内でそれを受信する受付システムで構成される。

 今回の新版ではまず、報告用アプリに「汎用撮影モード」が追加された。従来版では医薬品副作用報告の調査票に特化しており、台形補正などの画像処理が自動的に行われていたが、医療機器の不具合報告にも利用したいという顧客企業からの声を受けて、医療機器などの撮影ができる汎用撮影モードを追加した。これにより、システムの対応範囲を医療機器の不具合報告業務にも拡大している。

 また、医薬品安全性報告の進捗管理支援システム「PVLink Report Manager」との連携を強化した。具体的には、MRがCamera Reportを使って登録した写真(PDFファイル)を、Report Managerへ自動的に取り込む機能が追加されている。これにより、安全管理部門における業務効率化や迅速化、ヒューマンエラーによる報告漏れの抑止を実現する。

「PVLink Camera Report」と「PVLink Report Manager」の役割。今回はCamera Reportの写真画像をReport Managerに自動取り込みする機能が追加された

 PVLink Camera Reportの税抜価格は、受付システムとMR100名分のライセンスを含むベースライセンスが300万円、追加のMRライセンスが100名につき50万円となっている。キヤノンITSでは、2022年までに「PVLink Camera Report」の売上額を2018年度比で35%増させることを目標としている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ