このページの本文へ

SteelSeries「Apex Pro」

アクチュエーションポイントを調整できるゲーミングキーボード

2019年10月03日 23時13分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SteelSeriesから、「OmniPoint」スイッチを採用したメカニカルゲーミングキーボード「Apex Pro」シリーズが発売された。日本語配列とUS配列の2種類がラインナップされる。

「OmniPoint」スイッチを採用したメカニカルゲーミングキーボード「Apex Pro」シリーズ

 アクチュエーションポイントを0.4~3.6mmの10段階で調整できる独自開発の「OmniPoint」スイッチを採用するゲーミングキーボード。レスポンスを8倍高速化、動作を5倍高速化、耐久性を2倍向上したという。

アクチュエーションポイントを0.4~3.6mmの10段階で調整できる独自開発の「OmniPoint」スイッチを採用する

 スイッチ押下圧は45cN、反応速度は最短0.7ms、キー耐久性は1億回で、フルキーロールオーバーや100%アンチゴースト、RGBイルミネーション機能などを搭載。本体右上にはOLED Smart Displayを備え、アプリや、CS:GO、Dota2といったゲームの情報を表示。さらに直接アクチュエーションポイントをカスタマイズすることもできる。

独自開発の「OmniPoint」スイッチ。レスポンスを8倍高速化、動作を5倍高速化、耐久性を2倍向上した

 フレームに航空機用アルミニウムを採用した本体は、サイズが436.7(W)×139.2(D)×40.3(H)mmで、重量は971g。マグネット式で着脱できるパームレストが付属する。

 価格は2万9348円。パソコンショップアーク、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で4日から販売予定だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中