• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • PS5用カバーのカラーバリエーション「スターライト ブルー」「ギャラクティック パープル」「ノヴァ ピンク」が2022年6月17日に発売決定

  • 「このすば」のめぐみんが“ビリビリ爆裂娘”に!RPG『このファン』で「とある科学の超電磁砲T」とのコラボ企画が開催

  • 『FFオリジン』が1週間限定で25%オフセール!セーブデータを引き継げる体験版も配信中

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんのVRゲームは、今だけ三玖のために ~私とデート、してほしいの~」が5月20日より開催!

  • GPU内蔵CPUでフルHDで30fpsを維持! 『Winning Post 9 2022』をAMD「Ryzen 7 5700G」で遊んでみた

  • 『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』キャラクター紹介映像「王国編」が公開!

  • 6v6から5v5になり立ち回りが変わった!新要素満載の『オーバーウォッチ2』第1回PvPベータプレイレポ

  • ヒロイン・モモを追う者たちの目的は?Switch/PS4『ANONYMOUS;CODE』の3人の新キャラクターを公開

  • PS5やSwitchで高品質・簡単に配信したいならキャプチャーデバイス「Elgato HD60 X」がイチオシ!

  • PC『SDガンダムオペレーションズ』に新ユニット「★5-13 ウイングガンダムゼロ(EW)」&「★5-13 ガンダムエピオン(EW)」が登場!

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022May

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

異なったスキルを装える10人の英雄どれを育てるか迷う楽しさも魅力

「Pagan Online」はサクっと気軽に遊べて奥深くもあるハクスラRPG

2019年10月05日 15時00分更新

文● 市川/ASCII

Mad Head Gamesが開発、Wargaming.netが販売した「Pagan Online」は、誰でも気軽に楽しめるPC向けハクスラアクションRPG

 Mad Head Gamesが開発、Wargaming.netが販売する「Pagan Online」は、ハック&スラッシュ(ハクスラ)を採用したPC向けアクションRPGだ。外見やスキルが異なる複数のキャラクター、育成の幅が広いスキルツリー、豊富な戦利品など、ハクスラの醍醐味を誰でも気軽に味わえるのが特長だ。価格は1999円で、SteamとWargaming.netストアで販売中。

 同社がこれまで手がけてきた「World of Tanks」や「World of Warships」などのミリタリー系とはまったく異なるジャンルだが、そんなPagan Onlineの魅力とは何なのか。今回、Pagan Onlineを試遊する機会を得たので、インプレッションを紹介しよう。

サクっと気軽に楽しめるカジュアルなハクスラゲー

ウェーブ形式のクエストはだいたい5分~10分で終了する。サクっと気軽にハクスラができる

 冒頭でも述べたが、Pagan Onlineは誰でも気軽に楽しめるのが特徴のハクスラアクションRPG。ウェーブ形式のクエストは約5分~10分程度で終わるため、サクっと探索し、サクっと敵と戦い、サクっと戦利品を獲得できる。どれぐらい気軽かを例えるならば、「ちょっくらハクスラでもしてくるか」と、近場の居酒屋へ行くようなものだろう。ガッツリ呑み食いするというよりも、軽く肴をつまみながらお酒をたしなむ感覚に近い(ただし個人差あり)。

拠点となる「パンテオン」は多人数型オンラインゲームでいうところの「ロビー」。戦闘準備やミッションの受注などができる

 拠点である「パンテオン」は、多人数型オンラインゲーム(MOおよびMMO)でいうところの「ロビー」だ。ここではミッションの受注をはじめ、装備の製造、アイテムの売買(10月2日執筆時点では売却のみ)・保管ができる。また、ミッションの受注時、ロビー内にいるプレーヤーおよびフレンドとセッションして共闘することも可能だ。

 もちろん各スポットに直接出向いて取引してもいいが、その場でサクっと取引したい場合は「UI(ユーザー・インターフェース)」を活用してもいいだろう。UIにある項目をクリックすれば、サクっとすぐにアクセスできる。面倒な移動を省略できるのでかなり便利だ。

クリック操作、WASD、ゲームパッドに対応。好きな操作方法でプレーできる

 Pagan Onlineは、従来のクリック操作にくわえ、「WASD」の操作を採用している。WASDとは、「私は(W)あなたのことが(A)好き(S)です(D)」の略ではなく、FPSやTPSゲームで採用しているメジャーな操作方法である。キーボードのWキーが「前進」、Sキーが「後退」、Aキーが「左移動」、Dキーが「右移動」で、エイム操作はマウスで行なう。また、ゲームパッドにも対応しているため、直感的な操作がしたいプレーヤーでも楽しめる。自分好みの操作方法で遊べるのが個人的にグッドだと感じた。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう