このページの本文へ

iPhone 11、ASCII徹底大特集!第85回

アップルiOS 13、Google ストリートビューのような機能を試した

2019年09月25日 09時00分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが9月20日に発表した「iOS 13」では、地図アプリがアップデートされています。1番注目すべきは「Look Around」。皆さんご存じの「Google ストリートビュー」にそっくりな機能です。さっそく試してみました。

 双眼鏡のアイコンをタップするだけで、その地点を360度見渡せます。もちろん、Google ストリートビューのようにダブルクリックで、実際にその場所を歩いているかのように前に進むことができます。

 現在、対応している都市はサンフランシスコやラスベガスなど、ほんの一部の都市。Google ストリートビューを日々使っている私からすると、「機能面は問題なさそう。でも、まあ……」といった感じ。Googleの後追いといった印象も否めません。

「Look Around」「Google ストリートビュー」
「Look Around」「Google ストリートビュー」

 せっかくなので、サンフランシスコの同じ場所を「Google ストリートビュー」と比較してみました。建物に近づくと、Look Aroundのほうが心持ち画像が鮮明な気がします。日本も早く対応するといいんですけどね……。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中