このページの本文へ

iPhone 11、ASCII徹底大特集!第71回

iPhone 11 Proのゴールドはシックになって魅力倍増

2019年09月20日 16時00分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年モデルのiPhone XS/XS Maxでの新色だったゴールド。iPhone 11 Pro /Pro Maxでも継続されて用意されているが、iPhone 11 Proでは、背面が磨りガラスになったことでイメージが随分と変わった。

照明の写り込みで明白だが、右のiPhone 11 Proでは磨りガラスになって反射が少なくなったことがわかる
iPhone 11 Proは箱が黒に。黒に金が映える

 側面のステンレスフレーム部のゴールドの色味は見る限りは、ほぼ差は無いように感じたが(なお、写真のiPhone XS Maxは1年使っただけに傷も目立っている)、背面はガラスの反射による輝きが抑えられているだけに、グッとシックに。

iPhone XS Max(下)との側面部の比較。iPhone XS Maxは1年使っているだけにややくすんだ感があるが、見た目は基本的には変わらない!?
iPhone Xからのステンレスフレームはやや傷つきやすい印象がある。大事に使いたい人はやはりカバーが必要になりそうだ

 iPhone XSのゴールドにあったゴージャス感から判断を迷ったものの、今回のゴールドなら有りという人もいるはず。新色の珍しさを選ぶならミッドナイトグリーン一択なのだろうが、せっかくゴールドという選択肢があるので、ぜひ販売店などで実機をチェックしてみてほしい。

光が反射するiPhone XS Maxのゴールド。こちらのゴージャス感が好みという人も当然多いだろう
そしてこちらがiPhone 11。磨りガラスの触り心地も快適。カバーを付けるかどうかはユーザー次第
トリプルカメラのデザインについては……受け入れるしかなさそうだ

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中