急カーブをえがくGIGABYTEの湾曲液晶はゲームへの没入感がヤバイ

文●宮崎真一 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーム向け機能を多数搭載

 ゲーム向けのユニークな機能を装備している点も注目したい。「ブラックイコライザー 2.0」という機能では、映像の暗い部分を明るくして、視認性の向上を図る機能だ。

 GIGABYTEによると、同機能では画面を1296分割し、それぞれを同時に調整しているとのこと。そのため、暗がりだけを明るく表示することが可能で、ほかの箇所が変に明るくなったりはしない。

「ブラックイコライザー 2.0」レベル0

「ブラックイコライザー 2.0」レベル1

「ブラックイコライザー 2.0」レベル2

「ブラックイコライザー 2.0」レベル3

 また、「エイムスタビライザー」では、ブラーを軽減することで、FPSゲームでの射撃の反動で起きる映像のブレを抑えられる。

 実際にPUBGでエイムスタビライザーを使用してみたが、その効果は確認できたものの、コアなプレイヤーであればその効果に若干違和感を覚えるかもしれない。このあたりは、ブレが抑えられているとはいえ、慣れが必要だと感じた。

画面の中央に照準を表示する「照準点」機能

 そのほか、画面の中央の照準点や、リアルタイムのフレームレートを表示する機能を有しているほか、1時間のカウントアップおよびカウントダウンのタイマー機能も用意されている。

 とくに、このタイマー機能はMMORPGのリポップ管理や、さまざまなゲームのタイムアタックの計測に非常に重宝する。

タイマーとカウンター。その下はリフレッシュレートの表示だ

AORUSダッシュボードを有効にすると、CPUやGPUの温度や動作クロックなどがOSDで表示されるようになる。液晶ディスプレーがこうした機能を備えている点はユニークだ

 さらに、付属アプリケーションの「OSD Sidekick」(Version B19.0822.1)を利用すると、Windows上からマウスで各種設定を変更可能だ。

 もちろん、中央下部に用意されたスティックボタンを操作することで、OSDの設定を変更できるのだが、OSD Sidekickを利用するほうが各設定を一覧表示できるため、かなり扱いやすい。

 CV27QとPCをUSBケーブルで接続する必要はあるものの、操作性は抜群に向上するので、ぜひOSD Sidekickの導入をオススメしたい。

OSDは中央下部に用意されたスティックボタンのみで操作する。なお、このボタンを押し込むことで電源のオン/オフができる

Windows上から各種設定を変更できるOSD Sidekick。設定を把握しやすいため、その操作性は抜群に高い

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月