• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

世界レベルの攻防を魅せる! 混合チームでのスペシャルマッチも実施

TGSでFnaticと父ノ背中がR6Sで対決! けんき&Magnetの和むチャットバトルも

2019年09月14日 18時00分更新

文● 八尋/ASCII

「『Rainbow Six Siege』国際親善エキシビション Fnatic Vs 父ノ背中」

 9月13日、東京ゲームショウ2019の会場にある日本eスポーツ連合(以下、JeSU)のステージにて、「レインボーシックス シージ」のエキシビジョンマッチが開催された。なんとAPAC地域でも世界でもトップに入る1チームである「Fnatic」が出場。対戦するのは、人気プロゲーミングストリーマー集団「父ノ背中」だ。

Fnatic

父ノ背中

実況解説はおなじみふり~だ氏と父ノ背中の中川ラン・ド・ラ・ヴァリエールさんが担当した

けんき選手

Apple選手

Kakkī選手

DustelBox選手

BEESUN選手

Magnet選手

Lusty選手

RizRaz選手

Virtue選手

Acez選手

 試合方式はBo3で、1試合12ラウンドとなる。なお、新オペレーターとして追加されたばかりのAmaruとGoya、その1つ前に追加されたNokkとWardenは使用禁止というルールだった。

大会ルール

ファーストマップ

セカンド、サードマップ

これが世界トップレベルの戦略バリエーション
スーパープレーも飛び出した

第1試合はクラブハウス

 1試合目のマップは、Fnatic側のピックでクラブハウスが選択された。Fnatic側のピックというだけあって、終始有利に試合を進めていくFnatic、父ノ背中も必死に抵抗したが、結果は7対1でFnaticが勝利した。クラブハウスでは、攻撃/防衛方法のバリエーションが豊富なFnaticに、父ノ背中が苦しめられる形となっている印象だった。

ピックしたマップだけあって、終始有利に試合を進めたFnatic

 2試合目のマップは、父ノ背中側のピックでカフェドストエフスキーが選択された。父ノ背中のピックマップだけあって、Fnaticに対して善戦を繰り広げたが、2試合目も7対5でFnaticの勝利となった。父ノ背中は途中でラッシュを仕掛けるなど様々な攻撃をFnaticに仕掛けた。しかし、Magnet選手のヴァルキリーの「ブラックアイ」を駆使した飛び出しによるスーパープレーなども飛び出し、父ノ背中は一歩及ばなかったという印象だった。また、Virtue選手も大爆発。ラウンド9までに16キルを叩き出すなど、世界トッププレーヤーのスキルをみせつけていた。

試合によってブラックアイを投げる場所を変えるMagnet選手。見事に飛び出しキルが決まるシーンも

父ノ背中もラッシュなど様々な先方で仕掛けた

Virtue選手がものすごいキル数を叩き出した

Fnaticの勝利となった

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう