このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に先立ちインテルが開催

「SFV」に「ロケットリーグ」、新eスポーツ大会「Intel World Open」発表

2019年09月11日 22時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新eスポーツ・トーナメント「Intel World Open」

 このようにインテルは東京2020オリンピックで自社のテクノロジーやパートナー企業との協力を通じてさまざまな取り組みを行なっているが、近年注目されている「eスポーツ」に関しては、新たなトーナメント「Intel World Open」を発表した。インテルは長らくIntel Extreme Mastersを世界中で開催しているが、Intel World Openは東京2020オリンピック契機で始まる新たなトーナメントになる。

インテルが主催する新たなeスポーツ・トーナメント「Intel World Open」。

 Intel World Openは東京2020オリンピックに先立ち、2020年早々に各国・各地域でオンライン予選が始まり、7月22~24日に上位8チームによる決勝がオリンピック開催地区の中心にある東京Zepp DiverCityで開催される。競技タイトルはカプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターV」とPsyonixのラジコンカーサッカーゲーム「ロケットリーグ」の2つ。

株式会社カプコンのエグゼクティブ・プロデューサー・オブ・ストリートファイター 小野義徳氏。

Pysonix社のロケット・リーグ ゲームディレクター Scott Rudi氏。

 各国・各地域のオンライン予選で代表プレーヤーを選出し、チームを編成。各国・各地域の代表チーム同士で競うという。賞金総額は各タイトルで25万ドル(約2693円)ずつ、合計50万ドル(約5386万円)のトーナメントになる。また、発表会後のラウンドテーブルでは、カプコンの小野氏がプロ・アマを問わず全員が参加できる大会にしたいという主旨の発言があったのが印象的だった。

 確かにまだ表舞台に立っていない猛者が現われれば、日本代表としてプロ・アマ混成チームになることもあり得る。もしかしたらアマだけのチームになることだってあり得る。レギュレーションなどの詳細情報は10月に明かされるらしいが、今から楽しみだ。なお、決勝開催日程は東京2020オリンピック直前だが、厳密にはオリンピックの正式な種目ではない。そのためか、特に今のところ上位入賞チームへのメダル授与などは考えていないという。

発表会後のラウンドテーブルにはIntel World Openに関わるメンバーが参加。左からカプコンの小野氏、米インテルのゲーミング統括 マーク・チャン氏、PysonixのRudi氏。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン