このページの本文へ

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に先立ちインテルが開催

「SFV」に「ロケットリーグ」、新eスポーツ大会「Intel World Open」発表

2019年09月11日 22時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ネットワークもセキュリティーもVRも「インテル入ってる」

 まず「CONNECT(接続)」の概要だが、これは5G技術やインフラストラクチャー・プラットフォームの提供を通じて、東京2020オリンピックを歴史上最もイノベーティブな大会にするという。具体的には同社のサーバー向けCPU「Xeon」やSoC、SSDを採用したシスコシステムズのネットワークを用い、オリンピックスタジアム(新国立競技場)を含む42ヵ所の競技場はもちろん、選手村やTokyo 2020本部、放送施設及びホテルなど、ミッションクリティカルなネットワークをサポートするという。

シスコシステムズ合同会社の代表執行役員社長 デイブ・ウェスト氏いわく、オリンピックでは膨大な量の動画データが飛び交い、強固なネットワークが必要になるという。

 「COMPUTE(演算)」では、オリンピック放送機構のCEOでありYIANNIS EXARCHOS氏がビデオレターで登場し、東京2020オリンピックで導入予定のインテルの最新技術「インテル 3D アスリート・トラッキング技術」(以下、3DAT)を紹介。3DATは4台のモバイル・パンチルトカメラで競技中のアスリートのフォームを撮影し、ほぼリアルタイムでXeonで最適化された高度な姿勢推定アルゴリズムを適用。そのデータから分析情報をオーバーレイで放送するというもの。100m走などの再生時に利用される予定だ。

競技中のアスリートのフォームを取り込んで姿勢推定アルゴリズムを適用する3DAT。

3DATのイメージ。

 また、2018年に韓国で開催した平昌2018冬季オリンピックでも活用された、VRを用いた生中継「インテル True VR テクノロジー」もさらにパワーアップし、没入感の高い放送を行なう。東京2020オリンピックでは開会式、閉会式、陸上競技、体操、ボクシング、ビーチバレーボールなどで放送の権利を有する放送局から配信される予定だ。

 そして、VR関連では新たに「VRトレーニング」なるソリューションが発表された。これは会場に見立てたVR空間を構築し、没入感のある練習ができるシステムで、XeonやCoreプロセッサーを利用しているそうだ。VRトレーニングは本番前の練習やシミュレーションなど、様々な場面で活用できるという。

VRトレーニングのイメージ。

 3つ目の「EXPERIENCE(経験)」では、まずAIを利用した応援ビートが紹介された。インテルは近年AIソリューションにも力を入れているが、東京2020オリンピックの公式ビート「#2020beat」として、AIで制作した応援ビートを5曲用意したという。こちらは「呼びかけ」と「応答」の2つの要素で構成されており、観客は呼びかけを聞き、手拍子で応えるという仕組みのようだ。

#2020beatは米インテルのAIチームが訪日し、「日本文化」や「競技」などをテーマに1000種類のサウンド・サンプルを基に、AIが5曲仕上げた。

 また、会場と宿泊施設の入り口にはCore i5を活用したNECの顔認証技術「NeoFace」のゲートを設ける予定だ。選手やボランティア、報道関係者、スタッフなど30万人以上を識別し、セキュリティーを確保しつつ、身分証明書確認に要する待ち時間の短縮を見込んでいる。

「NeoFace」のゲートイメージ。車いす使用者でもスムーズに識別でき、入退場のストレスを軽減できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン