このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第341回

アルミニウムが10%含有:

Apple Card、フルチタンじゃなかった

2019年09月06日 21時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのクレジットカードApple Cardはチタン製ではあるものの、すべてチタンで作られているわけではないようだ。米メディアBloombergが9月3日に報じた。

 同紙はカリフォルニア大学バークレー校の鉱物学者であるハンス・ルドルフウェンク教授にApple Cardを送り、カードの原子構造を調査してもらったという。

 その結果、Apple Cardは約90%のチタンと約10%のアルミニウムで作られていることがわかったとのこと。

 Apple Cardは美しい白色を実現するためにチタン基材に多層コーティングプロセスが施されており、おそらくはこのコーティング部分にアルミニウム使われているとみられる。

 アルミニウムは柔らかい素材のため、美しい白色を保ちたい人は取り扱いに注意するようにしよう。と言っても、日本ではまだサービス展開されていないが……。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中