このページの本文へ

米国国防総省基準のテストをクリアした耐衝撃性能や防塵防滴ボディ

ロジテック、薄型・軽量化した堅牢タブレット「ZEROSHOCKタブレット SLIM」

2019年09月05日 18時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテックINAソリューションズは9月5日、高い堅牢性能を持つタブレット「ZEROSHOCKタブレット SLIM」として、従来機と比べておよそ30%薄型化・軽量化した「LZ-WA10」を発表。9月上旬に発売する。

 10.1型タッチパネルを備えるタブレットパソコンで、米国国防総省基準(MIL試験相当)の耐衝撃・耐振動性能、IP65準拠の防塵防滴性能、マイナス10度から50度までという幅広い動作温度を持つ。本体厚みはおよそ13.3mm、重量およそ795g。

 CPUにはインテルAtom x5-Z8350(1.44GHz)を採用。液晶解像度は1280×800ドットで、カメラやGPSなどを備える。OSはWindows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64bit。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース