このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第340回

眠りの質を管理:

Apple Watch、睡眠追跡機能を導入か

2019年09月05日 15時40分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは腕時計型デバイスApple Watchに、睡眠トラッキング機能を導入する予定だ。米メディア9to5Macが9月2日に報じた。

 同紙はアップル内部の関係者からの話として、アップルがApple Watchの睡眠トラッキング機能に取り組んでいることを明かした。この機能は来週のスペシャルイベントで発表されるという。

 Apple Watchの睡眠トラッキング機能は、複数のセンサーと動き方、心拍数、騒音などからユーザーの睡眠の質を追跡するとのこと。

 気になるのはバッテリーの持続時間だ。睡眠中もつけることになれば、充電に使える空き時間がほぼなくなってしまうことになる。睡眠トラッキング機能を利用したいユーザーは、睡眠時以外にバッテリーを充電するタイミングを作らなければならないだろう。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中