このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

育児におけるスマホの使い方を考える

2019年09月06日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

子育てにおけるスマホのメリット

 「スマホを見ながらの子育て」が、話題になることが増えてきている。眉をひそめる人もいるが、スマートフォンを持ちながらの育児は総じて手抜き、というわけではない。むしろ、スマートフォンは保護者をサポートする存在になりえるものだ。

 子供を抱きかかえながら、天気を調べたり、ちょっとしたニュースを見るときは、片手で見られるスマートフォンは便利な存在だ。端末の画面を見ているから子供の方を一切見ていない、というのは偏見かもしれない。

 スマートフォンを子供に見せる場合にも、メリットがある。手が離せないとき、あるいは運転中など、子どもの相手をしてあげられないときに、すぐに遊ばせられるツールでもある。電車やバス、飲食店など、公共の場で、好きな写真や動画を見せるなどをあやすことも可能だ(もちろん、音声が周りの迷惑にならないよう気をつけないといけない)。

 昨今ではさまざまな知育アプリや教育向けコンテンツもあるため、エンターテインメント以外にも、触れさせることで有益になるものは多い。デジタルデバイスを体験させる最初の一歩としても、スマートフォンは大いに活用できるはず。

 マカフィーとMMD研究所によれば、2016年に発表した「乳幼児のスマートフォン利用実態に関する調査」では、0~2歳までに47.0%、3歳までに60.2%強の子どもがスマートフォンの利用を開始しているという。絵本やおもちゃといった“ツール”のひとつととらえれば、親子のコミュニケーションや絆を深めるきっかけになるだろう。

 また、塾への到達や帰宅の通知など、行動範囲が広くなってきた子供との連絡でもスマートフォンは活躍する場面が多い。使い方をよく話し合った上でなら、スマートフォンを通じてお互いにコミュニケーションがしやすくなる。

前へ 1 2 次へ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから