このページの本文へ

美少女化の英雄が多数登場!エロい、戦略が深い、面白い!「英雄*戦姫WW」プレイレポ

2019年08月30日 18時00分更新

文● 全日本ギャルゲー研究所 ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

属性や特性など数多くの要素による奥深い戦略性も魅力

 魅力的なキャラクターと、その壮大なストーリーも見ごたえ抜群だが、本作はそれだけではなく、ベースとなった「英雄*戦姫」シリーズを踏襲した戦略性の高い戦闘システムにより、非常にやり応えを感じる。

 まず、ミッションが開始すると探索MAPに移動。最初は1部隊のみ、最大で3部隊を動かし、敵と接触すると戦闘開始。戦闘は移動可能な3×3のマス内で行なう。

探索MAPでは、アイテムが入手できる宝箱、HPの回復、ブレイブポイントの回復アイテムが拾える。味方部隊と敵の部隊が接触すると戦闘になる

 各キャラクターは剣や槍、銃など属性があり、その属性に合った攻撃範囲の「技」を所持している。また、属性には相性があるので、敵の属性に有利な属性で攻撃して、優勢に戦闘を進められる。

 属性の相性は、大別して「近距離」「中距離」「遠距離」の3すくみ。ダメージ増加とブレイブポイントの増加が対称になっている。ダメージが減少する相手に攻撃すると、逆にブレイブポイントは増加する。

属性の相性表。手動でプレイしている時なら、左下のアイコンからいつでも確認できる

 ブレイブポイントが多く必要な「技」で複数の敵を倒したい、協力な回復技で体力回復を行ないたい、といった時などはブレイブアップを狙うといいだろう。

ブレイブポイントを数多く使う技は、複数ヵ所を同時に攻撃したり、一撃必殺の威力だったりと、非常に強力だ

 一方、「術」だけはどの属性にも等しくダメージが与えられる。さらに技は、物理攻撃か魔法攻撃かに分かれる。

 各キャラクターの持つ技には、「溜め」と「硬直」がある。キャラクターの行動順は、ステータスの「速度」とこの溜めと硬直によって決まる。溜めがある技は選択した後、その数値分待ちが発生する。硬直は、使用した後、次にそのキャラクターが行動できる速度に関わる。

 キャラクターのパラメータには、従来の英雄戦姫と異なり、「物攻」と「魔攻」、「物防」と「魔防」がある。そのため属性の相性以外に、攻撃相手は物防と魔防どちらが低いのか、ということも重要だ。

攻撃範囲は技によって異なる。同じ銃属性でも技によって、範囲が違う

戦闘中、敵のパラメータはカーソルで選択すれば、いつでも確認できる

 その上、各キャラクターは配置によって味方にバフ、敵にデバフを与える「特性」も持っている。3×3のマスへの配置は、探索MAPで部隊が敵と接触し、戦闘に突入する前に毎回変えられる。

 そのため、敵の配置とステータスを確認してから、味方の技の範囲、特性の効果も鑑みて、戦闘を有利に進められる配置にできる。このように、本作では戦闘に関わる要素が多く、各ミッションの推奨戦力ギリギリであっても、戦術次第ではクリアーできる楽しみがある。

戦闘開始前に毎回配置は変えられる。特性はアショーカの場合、前列と真後ろの味方の速度を+5する。バフの効果範囲は赤色、デバフの効果範囲は青色で示され、ひと目で確認できる

 戦闘に関わる数多くの要素はあるが、オート戦闘も可能なため、他のソーシャルゲームのようにながれプレイもOK。ログインボーナスや条件を満たすとアイテムなどがもらえる「デイリー」「累計」のチャレンジのほか、キャラクターを一定時間「派遣」して経験値やAP、資金を入手することもできる。

チャレンジには、毎日報酬がもらえる「デイリー」、累計達成率で報酬が入手できる「累計」の2つがある

派遣は、「大成功の秘訣」の条件に合うキャラクターを選択すると、大成功率が上がる。最も成功すると「超成功」になり、報酬が良くなる

カテゴリートップへ