このページの本文へ

親和産業「OC Master」

オーバークロッカー清水氏共同開発のハイエンドグリスが誕生

2019年08月08日 23時03分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オーバークロッカーの清水貴裕氏と親和産業のコラボレーションにより誕生したハイエンドグリス「OC Master」(型番:SMZ-01R)が発売された。

オーバークロッカーの清水貴裕氏と親和産業が共同開発したというグリス「OC Master」

 空冷や水冷での使用に重点を置き、常用温度域で最もパフォーマンスが出るように清水氏が徹底検証。あえて極冷オーバークロック時の性能を重視しないことでトップクラスの性能を実現した。清水氏によると「常温域での使用に特化させて初心者から上級者まで多くの人に“塗りやすくてよく冷える”製品にした」という。

容量約2gで価格は1058円。“シミオシ”シールが付属する

 基本スペックは、熱伝導率は13.2w/m・k、粘度90~100pas、耐熱温度-50~250度。容量約2gで価格は1058円。オリオスペック、ドスパラ秋葉原本店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中