このページの本文へ

親和産業「OC Master 03L 4g」

オーバークロッカー清水氏共同開発のハイエンドグリスに高コスパモデル

2020年09月12日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オーバークロッカーの清水貴裕氏と親和産業のコラボレーションにより誕生したグリス「OC Master 03L 4g」(型番:SMZ-03L-04)が発売された。価格は1199円。

オーバークロッカーの清水貴裕氏と親和産業のコラボレーションにより誕生したグリス「OC Master 03L 4g」

 扱いやすくコストパフォーマンスに優れるとうたうグリスの新製品。従来モデルのパフォーマンス重視タイプ「SMZ-01R」、耐久性重視タイプ「SMZ-02S」に続くモデル。扱いやすさとコストパフォーマンスにフォーカスして開発したという製品で「塗りやすい低粘度マテリアルのノウハウをベースに、定格での使用に合わせて成分を調整した」としている。

CPU温度が80度以下の状態ではSMZ-01RやSMZ-02Sと同等の冷却性能を発揮するという

 CPU温度が80度以下の状態ではSMZ-01RやSMZ-02Sと同等の冷却性能を発揮。容量は従来モデルの倍となる4g。価格も抑えたコストパフォーマンスモデルとして注目だ。販売しているのはパソコンショップアークとオリオスペックだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中