このページの本文へ

親和産業「OC Master SMZ-02S」

耐久性を重視したオーバークロッカー清水氏共同開発のグリスに第2弾

2019年09月05日 23時32分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オーバークロッカーの清水貴裕氏と親和産業のコラボレーションにより誕生したハイエンドグリス「OC Master SMZ-02S」が発売された。

オーバークロッカーの清水貴裕氏と親和産業のコラボレーションにより誕生したハイエンドグリス「OC Master SMZ-02S」

 「OC Master」(型番:SMZ-01R)に続く、清水氏コラボレーショングリスの第2弾。パフォーマンスにフォーカスして開発した「SMZ-01R」に対して、「SMZ-02S」重視したのは耐久性。水冷システムPCや業務用PCなどのメンテナンスがしにくいPCに向けて開発したという。

耐久性を重視した「SMZ-02S」水冷システムPCや業務用PCなどにオススメ

 なお「SMZ-01R」よりも粘度が高いため、ヒートスプレッダをドライヤーなどで加熱してから塗布するとなじみがより良くなるとのこと。

 基本スペックは、熱伝導率は11.7w/m・k、粘度125~165pas、耐熱温度-50~250度。容量約2gで価格は980円。オリオスペックで販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中