このページの本文へ

「NetCommons ユーザカンファレンス 2019」にさくらの高橋氏が登壇

2019年08月05日 09時00分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは8月2日、東京で開催される「NetCommons ユーザカンファレンス2019」に、同社執行役員の高橋隆行氏が登壇すると発表した。

 本イベントは、国立情報学研究所が開発した情報共有基盤システム「NetCommons」のユーザーカンファレンス。メインセッションとして、エヌ・ティ・ティ・データ 伊東大輔氏の講演などを実施するほか、NetCommons3を基盤とした「edumapサービス」の操作体験などを開催する。

 高橋氏は、メインセッションのひとつとして、10時35分~10時55分に「edumapを支えるインフラ」と題した講演をする。なお、メインセッションはオンライン配信もするとのこと。視聴申し込みはイベントページから。

 開催日時は8月27日 10時00分~15時00分。会場は一橋大学 学術総合センタービル内の一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)など。参加費は無料。参加申し込みはイベントページから。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!

さくら必読記事