このページの本文へ

Windows 10搭載タブレットraytrektabを家電量販店で販売開始

2019年07月22日 19時40分更新

文● 和田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは7月19日、全国のヨドバシカメラやビックカメラグループの主要店舗にてWindows 10搭載のお絵かきタブレット「raytrektab DG-D10IWP2-R」の販売を開始した。

 価格はヨドバシ.comが8万2800円、ビックカメラ.comが8万2792円。

 Wacom製の高性能デジタイザーを搭載し、遅延が少ないとしている。デジタイザーの重量は5gで、長時間の作業でも疲れにくいという。

 インターフェースはUSB 3.1 Type-Cとマイク入力/ヘッドフォン出力をそなえる。そのほかセキュリティー機能として指紋認証に対応している。

 さらに、すでにイラストレーション活動をしている人はもちろん、現在ではデザイン専門の教育機関でも教材として導入実績のある「CLIP STUDIO PAINT」がバンドルされているため、これからイラストレーション活動を始めようという人でも迷うことなく使える。

 製品の詳細は以下のとおり。

製品名 raytrektab DG-D10IWP2-R
OS Windows 10 Pro 64ビット
CPU インテル Pentium Silver N5000 プロセッサー(クアッドコア/定格1.10GHz/キャッシュ 4MB)
デジタイザー Wacom feel IT technologies デジタイザー 4096階調
ディスプレー 10インチ 1920×1200ドット(WUXGA液晶)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス605(CPU内蔵)
メインメモリー 8GB LPDDR4
ストレージ 128GB SSD
カードリーダー microSDXC 128GBまで対応
サウンド USB Type-C×1(給電兼用)、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子×1
LAN IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 5.0
バッテリー リチウムイオンバッテリー
サイズ/重量 幅245×奥行き9×高さ176mm/本体 約657g・ペン 約5g
付属品 ACアダプター/筆圧感知機能付きペン/手書き風液晶保護フィルム/CLIP STUDIO PAINT DEBUT

 なお、取り扱い店舗では実際に体験できるデモ機も用意されるとのこと。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ