このページの本文へ

α史上最高の解像性能と階調性を備えたα7RM4をさわってきました~

α7R IVのフルサイズ最高6100万画素を実機で体験してきた

2019年07月19日 16時00分更新

文● 小山安博、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

細かな改善を積み重ね使い勝手が向上

 高画素化にともなって、EVFも576万ドットと高画素化。UHS-II対応のデュアルSDカードスロット、マグネシウム合金のボディ、強化された防塵防滴性能を備えた。操作性を改善するために、ボタンサイズの変更や露出補正ダイヤルのロックの追加、グリップの大型化といった改良も加えられている。

 α7R IVのセールスポイントは6100万画素という高画素ではあるが、こうした使い勝手の向上も重要なポイントだ。ボディの高さは変わらないが、グリップの厚みが増し、シャッターボタン位置が微調整されたことで、握った際に小指が余らなくなって、重量級レンズ装着時も安定性が増している。

 ボタン類はより押し込みが大きくなって、特にグローブ装着時によりはっきりボタン押下の感覚が分かりやすくなった。マルチセレクターボタンもより操作しやすくなっている。こうした細かな改善も積み重ねられて、より使いやすくなっているのがα7R IVだ。

 その反面、カメラ内RAW現像には変わらず非対応で、「その代わり、伝送速度が向上したのでスタジオ撮影ですぐに画像を転送できる」(大島氏)ことから、一部の要望には応えられる、としている。大島氏は、要望に関しては優先順位をつけて改善していく、というスタンスを見せている。

グリップは奥行きと形状も変更されて、とても握りやすくなっている。シャッターボタンの位置も少し変更された。

背面のボタン類も、サイズや形状などさまざまな工夫が加えられた

 5GHz帯に対応した無線LAN(IEEE802.11ac)、USB Type-Cポート採用による伝送速度の高速化(従来比約2倍)によって、スタジオ撮影のワークフロー改善も図られている。

スタジオワークフローを改善する機能

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン