このページの本文へ

α史上最高の解像性能と階調性を備えたα7RM4をさわってきました~

α7R IVのフルサイズ最高6100万画素を実機で体験してきた

2019年07月19日 16時00分更新

文● 小山安博、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

動画撮影でも威力を発揮するリアルタイム瞳AF

 AF性能では、機械学習による被写体認識を活用したリアルタイムトラッキングを搭載。さらに瞳を検出して常時AFを合わせるリアルタイム瞳AFに対応する。動物の瞳AFもサポートしており、高画素でピント合わせがシビアになっているのに対し、高いAF性能をアピールする。

瞳を常時検出するリアルタイム瞳AF。瞳が外れても顔を追従する

動物の瞳も対応する瞳AF

 このリアルタイム瞳AFは、動画撮影時にも威力を発揮する。動画対応したことで、人物が動き続けているシーンでも瞳にAFを合わせ続けて動画を撮影できるようになった。昨今は、プロを含めてミラーレスカメラで動画を撮影するユーザーが増えている、と大島氏。こうしたユーザーはマニュアルフォーカスでの撮影を基本としたが、ボケ量の多いフルサイズセンサーで4K動画を撮影すると、従来よりもピントがシビアになり、特に動く被写体のマニュアルフォーカスが難しくなっている、という。

動画撮影でもリアルタイムの瞳AFに対応する

 それに対して、α7R IVのリアルタイム瞳AFを使えば、人物撮影でAFが常に会い続けてくれる。大島氏は、「今までAFを信用できなかった人も、α7R IVのAFのすごさを体験できる」と自信を見せる。ちなみに、瞳AFの動物対応は静止画のみ。動物への対応はまだ難しいそうだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン