このページの本文へ

コンパクトなボディにフルサイズ撮像素子を搭載

シグマ、世界最小・最軽量をうたうミラーレス一眼デジカメ「SIGMA fp」発表

2019年07月11日 18時55分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SIGMA fp」(製品の外観、仕様などは変更することがあるとしている)

 シグマは7月11日、フルサイズ・ミラーレス一眼カメラ「SIGMA fp」を発表した。発売日や価格は未定。

 世界最小・最軽量(7月現在の時点)というコンパクトなボディには有効画素数2460万画素の35mmフルサイズベイヤーセンサーを搭載。Lマウントを採用し、SIGMAのレンズに加えてアタッチメントを付け替えて他社の交換レンズやアクセサリを自由に付け替えることができる拡張性を持つという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン