このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

値下げ、新サービス、最新事例、5Gへの道程までてんこ盛り

SORACOMユーザーはIoTを超えてビジネス変革にまで進む

2019年07月03日 09時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年7月2日、IoTプラットフォームを手がけるソラコムはフラグシップイベント「SORACOM Discovery 2019」を開催した。ソラコム 代表取締役社長の玉川憲氏がリードした90分の基調講演は、新サービスや事例、ゲスト登壇などが幕の内弁当のように詰め込まれ、IoTの可能性を改めてアピールする形となった。

ソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏

1.5万ユーザー、100万回線突破で成長を続けるソラコム

 今回で4回目となる「SORACOM Discovery」は同社のフラグシップイベントで、数多くの新発表やユーザー事例もここで披露される。今年は昨年までAWS Summit Tokyoを開催していた品川の高輪プリンスホテルで開催され、「IoTを超えて」というテーマで50以上の事例が披露された。スポンサーは40社超、参加登録者は4000名を超え、「国内最大級のIoTカンファレンス」という謳い文句通りの大型イベントとなった。

 基調講演に登壇したソラコム 代表取締役の玉川憲氏は、ビジネスアップデートから披露。今から3年前の2016年にサービスを開始したソラコムだが、スタートアップや大企業などを含め、ユーザー数は1.5万となった。先週は契約回線数もいよいよ100万回線を突破。そのうち7割は上場企業の利用だという。玉川氏は、「お客様、パートナー様に支えられ、ソラコムは順調に成長してきています」と、厚い謝辞を述べた。

いよいよ1.5万ユーザーを突破

 ソラコムのサービスは、IoT向けの安価なSIMに、パブリッククラウドとの容易な連携、セキュアな閉域網サービスなどを組み合わせたプラットフォームサービスだ。2017年には早々にグローバル対応をスタートさせたほか、LoRaWANやSigfoxなど低消費電力な通信もいち早くサポート。KDDIの傘下に入って以降も精力的にサービス拡張を続け、2018年には可視化やクラウドネイティブなIoTデバイスを展開している。

 ソラコムでは、サービス開始以来、2週間の周期で開発とリリースを繰り返しており、これまで106回の新機能をリリースしている。基調講演では新サービス発表はもちろんのこと、スケールメリットを顧客に還元した値下げの発表も行なわれた。

SORACOM IoT SIMがマルチキャリア対応 料金も低廉に

 130カ国を超える国と地域で利用可能な「SORACOM IoT SIM」(旧称:グローバルSIM)がマルチキャリア対応し、KDDIのLTE網へ接続可能になった(Limited Preview)。NTTドコモの3G/LTE網の0.2ドル/MBに比べて1/10となるデータ通信料金で提供される。あわせて、83カ国でデータ通信料金が値下げされ、ヨーロッパの主要国は1/4になる。

SORACOM IoT SIMがKDDIのLTE網に対応

 また、日本でSORACOM IoT SIMを使う場合、これまではランデブーポイントのあるドイツ経由で利用していたが、日本と北米にもランデブーポイントを新設した。これにより、日米でIoT SIMを用いても大きな遅延が発生しないで済むようになった。さらに最大8Mbpsの新スピードクラス「s1.4xfast」も投入。これまでの2Mbpsから4倍となる高い伝送能力を実現した。

 eSIMのプロファイルダウンロードにも対応(Technology Preview)。QRコードやアプリからプロファイルのダウンロードが可能になるため、物理的な形状から解放されることになる。イベントでは、玉川氏が副回線としてプロファイルを追加し、アンテナピクトが2本になったところを披露した。

eSIMのプロファイルのダウンロードにも対応

新サービス「SORACOM Funk」「SORACOM Napter」、VPGの料金体系見直し

 SORACOMクラウドの新サービスは、ソラコム CTOの安川健太氏から発表された。安川氏は、クラウドサービスに直接データを送信できるクラウドリソースアダプター「SORACOM Funnel」について紹介。パートナー独自のPartner Hosted Adaptorとして新たにOPTiM Cloud IoT(OPTiM)とmockmock(Fusic)が追加されたことを発表した。

ソラコム CTO 安川健太氏

 新サービスとしてはIoTデバイスからサーバーレスサービス(FaaS)を利用できる「SORACOM Funk」が発表された。シンプルなプロトコルでAWS LambdaやAzure Functions、Google Cloud Functionsなどを呼び出し、実行結果を受け取ることが可能になる。デバイス側のロジックをクラウド側にオフロードできる。リクエストあたり、0.0018円(税別)で、5万リクエスト/月の無料枠も用意される。

サーバーレスと連携できる「SORACOM Funk」

 もう1つの新サービス「SORACOM Napter」はオンデマンドのリモートアクセスを可能にするサービス。アクセスポートをリクエストすると動的なグローバルアドレスとポートが払い出され、SSHやRDPでアクセスしたり、暗号化通信に対応していないカメラにつなぐことができる。SIMあたり月額300円が利用した月のみかかる。

アドホックでデバイスにリモートアクセスできる「SORACOM Napter」

 さらに、閉域網構築のため、SORACOMとユーザー側のシステムとの間に設置されるVPGのゲートウェイもより使いやすくなる。SIMごとの料金が廃止され、ピアリングも1接続まで無料に。1000回線で閉域接続を1ヶ月利用した場合の試算では、80%以上の料金オフになるという。VPG利用時には、カスタムDNS、CHAP認証、SORACOM Beam、Funnel、Funkなどのサービスも無料になるという。

大容量データ対応とエッジプロセッシングの強化

 IoTの敷居を下げる取り組みとして、可視化サービスや大容量データ対応、エッジプロセッシング、プロトタイプ開発などのトピックや新サービスをまとめたのはソラコム プリンシパルソフトウェアエンジニア 片山 暁雄氏だ。

ソラコム プリンシパルソフトウェアエンジニア 片山 暁雄氏
 

 データの収集や蓄積が可能なSORACOM Harvestの新サービスとして、画像ファイルやログファイルを保存できる「SORACOM Harvest Files」が追加された。APIやコンソール経由でデバイスからのファイルを取得したり、ファームウェアの配信にも利用できる。データのアップロードは2年間のデータ保存料込みで1GiBあたり200円。ダウンロードも同じ料金になる。同日から利用可能。

大容量データを保存できるSORACOM Harvest Files

 動画・画像・ログファイルなど10GBを超える大容量データ向けのアップロードSIM「plan-DU」も追加された。NTTドコモのLTE回線を利用しており、アップロード速度の制限はなし(ダウンロードは4Mbps)。上り10GiB/下り1GiBで月額1200円の「DU-10GB」と上り50GiB/下り2GiBで月額2900円の「DU-50GB」という2つのパッケージを用意。両者とも、基本料金とデータ通信料金、300円分のアプリケーション利用料金を含んでいる。8月より出荷予定。

 さらにプログラマブルなカメラ「S+ Camera Basic」も発表された。左右に回転可能な広角レンズとセルラー回線を搭載したネットワークカメラで、遠隔からアルゴリズムを更新できる。これを実現するデバイスやアルゴリズムの管理機能、Web UIなどを統合したエッジコンピューティングのプラットフォームを「SORACOM Mosaic」と呼んでおり、このプラットフォーム上にユーザー自身がアプリケーションを構築できる。

セルラー回線を搭載した「S+ Camera Basic」

 S+ Camera Basicはカメラ5台、3ヶ月のサービス利用料、1dayトレーニング、スタートコンサルティング(8時間)を含んだトライアルパッケージが98万円(税別)で提供される。また、SORACOM Mosaicはパートナー向けにプライベートベータが提供される予定となっている。

IoTの敷居を下げるデバイスや新機能追加

 プロトタイプ開発を促進する施策としては、「M5Stack」の拡張ボード「M5Stack用3G拡張ボード」を発売する。M5Stackはディスプレイやコネクタ、バッテリがパッケージ化されたマイコンで、Arduino IDEやブラウザでの開発が可能になっている。M5Stack用3G拡張ボード単体が8880円、M5Stack Basicと拡張ボードのセットが1万2800円(税抜)。

 また、1クリックでクラウドの呼び出しを可能にするSORACOM LTE-Mボタンシリーズも機能強化される。電池駆動可能で通信モジュールを内蔵したボタンとして、これまでAWS IoTを利用可能な「LTE-M Button powered by AWS」やBeam/Fuunel/Funk/Harvestなどに対応する「LTE-M Button for Enterprise/Button Plus」などが提供されてきたが、LTE-Mの機能強化により新たに簡易位置測定が可能になった。通信基地局の位置情報をデータに付与し、SORACOMの各種サービスに送ることができるという。

LTE-M Buttonシリーズで新たに簡易位置測定が可能に

 さらにSORACOMの事例で用いられたソリューションをそのまま提供し、サブスクリプション型で利用できる「IoT SELECTION connected with SORACOM」には、リリース時の「スマート農業」「リアルタイム車両管理」「音声翻訳機」「トイレ満空表示」に加え、以下の9つのソリューションが追加された。

  • センサー×AI見守りサービス(Z-Works)
  • 画像監視サービス(YE-DIGITAL)
  • 積層信号灯監視サービス(KYOSO)
  • 排尿リズム見える化サービス(Triple W Japan)
  • 屋外監視カメラソリューション(トーノーセキュリティ)
  • 高機能タブレットPOS(ティーガイア)
  • リアルタイム所在管理システム(リアルタイムシステムズ)
  • IoTオールインワンデバイス(旭光電機)
  • 見守りGPSボタン(エコモット)

前へ 1 2 次へ

ピックアップ