このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第280回

“味変”用の調味料を用意しましょう:

ペヤングGIGAMAX×マヨネーズ さすがに飽きる2174kcal

2019年07月03日 17時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

悪くはないんですけど、さすがに飽きるかな……

ソースとマヨネーズの香りがすごいです

 食べてみました。えーっと、ペヤングにマヨネーズを入れた味です。

 そんな大ざっぱな感想でどうするんだと思われるかもしれませんが、もう、ほんとうにそう表現するしかないです。ものすごい量のペヤングに、マヨネーズが入っています。その要素しかないのですから、驚きが生まれることがありえないのです。だから、味としては、悪かろうはずはない。

匂いにつられてやってきた、ご存知、週刊アスキーの大御所(?)、宮野プロ。「とにかく量がすごいんですよね~カロリーなんか気にせずどんどん食べたいという人にはオススメです! でもマヨネーズ+ソースの味だけで2000kcal以上は飽きてしまうかもしれません……」

 そうはいうものの、「新しいなにか」がなさすぎる気はします。マヨネーズが入ったぶんだけこってりとするため、800g以上を食べきるのは、ちょっとむずかしい。あまり品のよくない表現かもしれませんが、さすがに途中で飽きてきます。

適宜、調味料を投入するとよいでしょう。筆者のオススメはタバスコ

 ただ、いつものペヤングにマヨネーズを入れたわけですから、多少の“味変”をしても、変なテイストにはなりません。タバスコやソースなりで変化をつけてみたり、はたまたマヨネーズをもっと追加してみたりと、何かしらアレンジしてもよいのではないでしょうか。

ちょっとアレな写真ですが、食べきりました

 インパクトこそ絶大ですが、いざ食べきると、なかなか評価に困る味です。2142kcalという勢いですべてをかっさらった初代GIGAMAX、激辛×4倍量で食べる側を試してくる激辛GIGAMAXに比べると、キャラクターとしては、ちょっと押しが弱い。味の面でいえば、やはり、飽きがきます。

 マヨネーズの量もたしかに多いのですが、それ以前に麺の量が多すぎるため、個性がかすんでしまったのが残念なところ。ここまで書いて、「GIGAMAXを食べすぎてこちらの感性がマヒしているのでは?」と思うところも若干あるのですが、それはともかく、「味をちょいと変えられる調味料を用意する」のが最善の食べ方かな、と思われます。現場からは以上です。


モーダル小嶋

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。

人気の記事:
「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!