このページの本文へ

東京駅や新大阪駅の売店に、AI通訳機「POCKETALK W」が導入

2019年06月21日 17時50分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソースネクストは6月21日、東海道新幹線のぞみの停車駅である東京駅や新大阪駅などの一部売店に、AI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」が接客ツールとして導入されると発表。

 ジェイアール東海パッセンジャーズは、のぞみ停車駅で「デリカステーション」などの弁当売店を展開している。今回の導入の目的は、店舗を利用する外国人へのスムーズな接客サービスを提供していくことで、駅弁の紹介や、商品の問い合わせ対応などに利用する。

 2019年5月に、国土交通省が発表した「FF-Data(訪日外国人流動データ)」によると、2017年に訪日外国人が利用した交通機関は「鉄道」が51.3%で最多だった。交通機関での多言語対応も、ますます重要になると考えられるという。

 本製品は世界74言語(2018年12月時点)に対応。ボタンを押して話しかけるだけで、通訳がいるかのように対話ができる。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン