このページの本文へ

RTX 2070 Max-Qと144Hzディスプレー搭載のゲーミングノートPC発売

2019年06月14日 13時20分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは6月13日、GALLERIAから、ゲーミングノートPC「GALLERIA GCR2070RGF-E」「GALLERIA GCR2060RGF-E」の2モデルを販売開始した。

 価格はGALLERIA GCR2070RGF-Eが22万6778円。GALLERIA GCR2060RGF-Eが19万9778円。全国のドスパラ店舗およびドスパラ通販サイトにて販売する。

 15.6インチのディスプレーには、リフレッシュレート144Hzのパネルを搭載。通気口を従来の後方排気にくわえてサイドにも設置することで、冷却性能の向上はもちろん、折りたたみ時の高さ27mm、重量2.36kgという薄さ・軽さを実現しているという。

 キーボードに最新の光学式スイッチを採用し、メカニカル式のような打鍵感と光学式センサーによる高耐久を両立させているとのこと。ユーザー設定可能なRGBLEDも搭載する。

 CPUはCore i7-9750H。OSはWindows 10 Home 64ビット。サイズは幅360×奥行き245×高さ27mm。メモリーは16GB。ストレージは512GB SSD。ポートはUSB 2.0×1、USB 3.0×2、USB Type-C×1、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1。

 両製品の違いは、GALLERIA GCR2070RGF-EがGeForce RTX 2070 Max-Qを搭載し、バッテリー持ち時間が約3.8時間、GALLERIA GCR2060RGF-EはRTX 2060搭載で、バッテリー持ち時間が約3.6時間である点。

 また今回、GALLERIAシリーズを購入した人に、eスポーツ施設「LFS 池袋」の24時間無料体験ペアチケット(約1万5000円相当)をプレゼントするとのこと。こちらはなくなり次第終了となる。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ