このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES ASIA 2019レポート

戦車型ロボも登場! CES ASIAで見つけた最先端の尖ったガジェット

2019年06月14日 12時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中国・上海にて6月11~13日まで開催されたCES ASIA 2019。上海新国際博覧中心の6つのホールを使って、コンシューマー向けの電化製品やビジネス向けのモジュール、システムなどが展示されていた。本記事では、展示会場で見つけた気になるデバイスや技術展示をピックアップして紹介する。

DJIの戦車型教育用ロボ「RoboMaster S1」

 ドローンやOSMO PocketなどのビデオカメラをリーリースしているDJIのブースでは、発表されたばかりの戦車型教育用ロボ「RoboMaster S1」を展示。RoboMaster S1は12個のローラーを搭載したメカナムホイールを装備し、方向転換することなく360度全方向への移動が可能。本体上部にはジンバルを内蔵したブラスターを搭載し、赤外線投射や無毒性のゲル弾を発射できので、RoboMaster S1同士での対戦もできる。

DJIから新しく発表された「RoboMaster S1」ホイールのローラーを回転させ、360度どの方向にも移動可能

 プログラミングでの自動動作も可能だが、タブレットから手動の操作にも対応。実機を使った体験ブースも用意されていた。日本でも発売がスタートしており、価格は6万4800円。本体に加えて専用のゲームパッド、予備のゲル弾、バッテリー、ゲル弾マガジンなどがセットになった「Playmoreキット」も今後発売予定だ。

タブレットなどを使ってコントロールもできる

360度方向の移動やゲル弾の発射にも対応

MobvoiはeSIM搭載スマートウォッチや
子供向けスマートスピーカーをアピール

 日本でもスマートウォッチ「TicWatchシリーズ」をリリースしているMobvoi。ブースでは日本でリリース済みのスマートウォッチだけでなく、日本未発売のeSIMを搭載し4Gでの通信に対応した「TicWatch Pro 4G」や、nanoSIMを搭載できる子供向けの「TicWatch Kids」を展示。

eSIMを搭載して単体でのモバイル通信に対応した「TicWatch Pro 4G」本体背面に心拍センサーを搭載するなど、デザインや機能は日本で発売されている「TicWatch Pro」とほぼ同じ
キッズ向けのスマートウォッチ「TicWatch Kids」本体カラーはブルーのほかピンクもラインアップ
SOS機能を装備しており、緊急時に保護者への通知ができるこちらはnanoSIMスロットがあり、モバイル通信に対応

 さらにスマートウォッチだけでなく、同社の音声アシスタント機能を搭載したスマートスピーカー「TicKasa」を展示。こちらも一般向けのほか、子供向けの「TicKasa Fox」を用意するなど、幅広い年齢層に同社の音声アシスタントサービスが対応していることをアピールしていた。

筒型の大型スピーカーを搭載した「TicKasa」丸型で薄くポータブルとしても使える「TicKasa Nano」
こちらもポータブルタイプだが、IPX6に準拠した「TicKasa Mini」キツネ型のデザインがかわいい子供向けのスマートスピーカー「TicKasa Fox」

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン