このページの本文へ

ZenBookシリーズのスリム&スペシャルラインを徹底テスト

ZenBook S13 実機レビュー = GeForce搭載なのに超スリム&軽量のモバイルノートだっ!!

2019年06月05日 11時00分更新

文● みやのプロ(@E_Minazou

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷



 ASUSの春夏モデルの中で、モバイルノートなのにトンがっているのがこのZenBookS13である.超絶狭額縁による省スペースに加え、スリムなのにGeForce MX150を搭載してグラフィックスもバリバリなイカしたマシンなのだ.

すでに出荷されているS13は約21万5000円(税込)とちょっといいお値段である.

画面占有率ついに95%
薄型軽量でGeForce搭載なのである

 発売となったZenBook S13(UX392FN)は、小型化と高速性を両方狙った13型ノートである.無印のZenBookシリーズは濃紺とシルバーが用意されているが、S13は「ユートピアブルー」のみである.シルバーにちょっと水色がかかった軽めのカラーリングだ.

 まず外観の特徴はその「超」狭額縁ぶりで、液晶は13.9インチとほぼ14に近い大型ながら、「額縁」は上部と左右ともに約3ミリしかない.ASUSの発表としては画面占有率が95%を実現しているという.

天板はいつもの同心円模様だが表面はツルツルである.

底面は奥側に吸気口があり、手前の左右にスピーカーのための穴があいている.

 当然の結果としてボディサイズは316×195×12.9と、14インチの同社の最新モバイルノートのZenBook14(UX433FN)と比べると、幅は3ミリ、奥行きは4ミリ短く、厚みは約3ミリも薄い.「S」は「スリムのS」なのである.

 重さはスペック値で1.16キロで、試用機の実測は1.15キロだった.ZenBook14より90グラムも軽い.とはいえ、ボディはおなじみのアルミ合金で、ヤワさは感じない.天板は完全にフラットで、いまふうのシャープなデザインでキリッとしまっている.写真では、ASUSおなじみの同心円の模様が見えるが、手でさわってもツルツルで溝はない.

最近のモバイルノートの流行りであります液晶が本体をよいしょと持ち上げるデザインでございます.

 写真をみてわかるとおり、液晶部分は狭額縁ながら、中央にちょっとデッパリがある.長さにして85ミリにわたりデッパリは3ミリほどで、つまりこの部分に関しては額縁幅が6ミリある.みなさまの想像のとおり、ここには92万画素のWEBカメラとマイクが設置されている.WindowsHelloの認証には使えないのだが、ここまでしてWEBカメラが要るのかという気がするおじさんである.

でっぱりはこんなかんじでカメラとマイクがついている.

このデッパリは最初気になったが、1週間でまったくフツーになった.

このサイズのボディに
GeForceを搭載した意欲がステキです

 厚み12.9ミリなうえに、フルフラットなデザインなので、手にした感触はやはり「薄いですね」である.そんなボディに最新WhiskeyLake-Uのi7-8565Uに加えて、通常クロック版ながら、NVIDIA GeForce MX150を搭載しているのが、S13のイケてるポイントなのである.「S」はスペシャルのSでもあるのだ.

 もちろんメインメモリとは別にVRAMを2GB搭載しており.ボディの底には吸気のためのパンチングが、液晶ヒンジ部には排気のためのスリットが設置されている.

 メインメモリは16GB、ストレージはSSDが512GB(PCIe3.0x2)と不足はない.液晶はフルHD(1920×1080ドット)で、ノンタッチながら光沢タイプで天井の明かりを反射するので、ぜひノングレア化してほしいところである.

 キーボードはパームレスト面から一段窪んで設置されている.日本語キーもフルサイズで設置されていて、キートップが水色で刻印はオレンジなのだが、ともに淡い色なのと、ひらがなの刻印は小さいのでとても上品な印象である.

いつものASUSらしい、美しい日本語配列である.ただし電源ボタンが右上にあるのをいやがる人も多い.

 キーピッチはきちんと19ミリあるのでとても打ちやすい.バックライトも内蔵しているので暗所でも安心して利用できる.タッチパッドは105×61ミリと広めでスベリもよく、クリック感も深めだが、音はちょっとうるさい.パッドの右上に指紋センサーが内蔵されているのは、ちょっとじゃまである.いまどき、電源スイッチに内蔵していただきたい.

ストロークも標準的でふつうに打ちやすいキーボードである.

 インターフェイスは本体の左側にタイプC(3.1Gen2)×2があり、その1つがACアダプターとの接続に使われる.左にはマイクロSDリーダーも設置されている.

 右側にはタイプA(3.1Gen2)×1とマイク・ヘッドホン端子のみと非常にシンプルだ.電源をつないだときには左右にUSBが1つずつとなる.

インターフェイスは最小限ですね.

 そのぶんといってはなんだが、ASUSミニドックというものが付属していて、タイプA×1とHDMI×1、電源入力用のタイプC×1が増設される.つまり、本体に接続してやると、電源を供給しながらタイプAとHDMIが増えるしくみだ.

背面側にはZenBookのロゴが目立たずに入っていてちょっとうれしいですね.

 おじさんとしては、通常サイズのSDカードスロットと有線LAN端子もこのドックに付いていると安心感が高まるので、同梱するならぜひとも見直していただけるとありがたいですね.

これだけコネクターがないとあきらめる気になっていいかもしれません...

CPUもGeForceも大回転
3DMarkは内蔵の2倍速です

 以前も書いたが、GeForce MX150には実は2種類のモデルがある.1D12という名称の通常版は動作クロックが937MHzで、1D10という高速版はクロックが1469MHzである.GPU-Zで参照してみたところ、S13が搭載しているのは937MHzの通常版だった.

CPU/GPUが底面からみて右側なので、キーボードでいうと123のあたりでしょうか.SSDは中央左にスロット実装なので交換可能ですね.

 まずは、CPUのまわり具合をみるCinebenchでは、740といういい結果が出た.同じCPUを積むZenBook 14では655だったので、今回のS13の冷却性能の高さがうかがえる.

 3DMarkのFireStrikeは2660で、TimeSpyでは984とどちらも同CPU/GPUを搭載するZenBook14より少し高速だった.インテルCPUの内蔵グラフィックスのみの場合の約2倍の速度である.

このサイズでこの薄さながら、ファンを2台設置して本気の冷却を実現しております.

 CPUは同じだが、高速版(1469MHz)のMX150を搭載しているRazerBlade Stealth(2019)では、3406と1264である.さすがゲーミングノートの血をひくサラブレッドにはかなわないが、S13は通常版のMX150がきちんと回っている数字である.

WiFiのアンテナと思われるものが、液晶ヒンジ側ではなくキーボード手前側に設置されております.

 SSDはおなじみクリスタル・ディスクマークでマルチリードが1735、ライトが1453で、ZenBook14と同じデバイスなので同じ速度となっている.PCIe3.0x2接続としてはきちんと回っている速度だ.

左右の手前に設置されているスピーカーユニットは、本体サイズのわりにはがんばって大きいもの.音もよく鳴っていてきもちいいです.

 バッテリーの持ちは、いつもどおり、「最も高いパフォーマンス」で「液晶の輝度最大」でBBenchを動作させて、3時間42分動作した.バッテリー容量は50Whとモバイルノートとして標準的なので、うまく省エネしている値である.「より良いバッテリー」設定にすると2倍は持つので、安心して使える.

 バッテリーのチャージ速度については、消費と同条件で、50%まで34分、70%まで69分、90%まで118分という結果である.ACアダプターは65W出力だが、50%までが高速充電で、そのあとはバッテリーをいたわって充電するようだ.使いながらでも30分で半分充電されるのでこれも心配はない.ちなみにACアダプターはおなじみのプラグ一体型の出力65Wのものである.

GeForce搭載ノートも
超軽量化の時代が来たのだ

 さて、「イケてるモバイルノートはMX150をフツーに積む時代がくるのだ~」といい続けてきたおじさんとしては、ZenBook S13の登場はまさに預言どおりで、もちろんどんどん増えて欲しい方向である.

 ASUSとしてはZenBook14がMX150を搭載していて、HuaweiのMatebook X ProとMateBook DはCPUがひとつまえのi7-8550UながらMX150を積んでいる.そしてどのマシンも(縦横比が違うのもあるが)13.9インチのディスプレイを搭載している.

 前述のとおり、RazerのBlade Stealth 13は高速版のMX150を採用して、消費電力は上がるものの、よりクーリングを強化して高速3Dを実現している.

 これらのマシンはいずれも1.3キロ前後という重さであった.そして、今回、イケてるモバイルノートに加わったZenBook S13はついに1.15キロと150グラムも軽量化を果たしている.これは買いなのだ.

 とはいえ重さにキビしい日本人のオジサンモバイラーとしては、さらに「軽量化」にこだわったMX150搭載ノートが欲しいのである.1キロ切りのほど、みなさんがんばってちょうだい~~~!!!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン