このページの本文へ

指紋認証やSkypeキー、薄型軽量なボディなど社内モバイルやテレワークに最適

レノボ、ビジネスシーンで使いやすさを追求した新ノートパソコン「ThinkBook 13s」

2019年05月29日 11時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは5月29日、新たなThinkブランドとして13.3型ビジネスノート「ThinkBook 13s」を発売した。

 ビジネスユースでの使いやすさやコストパフォーマンスを追求したモデルで、薄型軽量で持ち運びやすく社内モバイルやテレワークに適している。電源ボタンと一体化した指紋認証機能、ウェブカメラにはレンズカバーを備えるほか、ファンクションキー列にSkype通話の受信・終了キーを配し、電話会議などにも利用しやすい。

HDMI映像出力やUSB Type-C 3.1 Gen2ポートも装備する 

 CPUには第8世代インテルCore i7/i5プロセッサーを採用、グラフィックスにAMD Radeon 540Xを搭載したモデルも用意される。液晶表示は1920×1080ドット、メモリーは8/16GB、ストレージには256/512GB SSDを装備する。バッテリー駆動時間は最大約13.1時間を実現。

 本体サイズはおよそ幅307.6×奥行き216.4×高さ15.9mm。価格は14万1480円から。法人ユーザーに向け、保守期間の延長や国際保証サービスにも対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン