このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第101回

Leicaトリプルカメラも最強クラスのスペックも美麗デザインも、すべてがプレミアム!

ファーウェイSIMフリースマホのフラグシップ機「HUAWEI P30」レビュー

2019年07月18日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(PR:ファーウェイ・ジャパン)

 SIMフリースマホを中心にタブレットやノートPCなど、ファーウェイ製品を毎回詳しくレビューしている「ファーウェイ通信」。

 今回は、同社SIMフリースマホのフラグシップモデル「HUAWEI P30」を取り上げる。これまで以上に進化したLeicaトリプルカメラ、フルビューディスプレー、プレミアム感あふれるデザインを中心に紹介していく。

Leicaトリプルカメラに美しいデザインを備えたファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P30」

空と海をイメージしたというグラデーションが美しい
約71.36mmという比較的コンパクトな筐体に大型画面を搭載

 ファーウェイのSIMフリースマホの中では最新のフラグシップ機となる「HUAWEI P30」が発売された。Leicaトリプルカメラを中心に非常に高いスペックを誇るプレミアムモデルだ。まずはデザインから見ていこう。

 外観で目を引くのは、本体背面の美しいグラデーションカラー。カラバリはブリージングクリスタルとオーロラの2色があるが、空と海をイメージしたというブリージングクリスタルは特に印象的。紙の100分の1という薄さのフィルムを9層に重ね、見る角度によって色合いが変わるナノオプティカルカラー仕上げとなっている。オーロラも青とエメラルドグリーンのグラデーションが非常に美しい。

前面はほぼフルディスプレーで、本体サイズのコンパクトさと画面の大きさの共存を実現。背面のグラデーションはナノオプティカルカラー仕上げ

 本体前面は、約6.1型のフルビューディスプレーを搭載。パネルはOLEDだ。2340×1080ドットと高精細で、鮮やかな表示が特長。ギリギリまでサイズを抑えたしずく型ノッチと狭額縁仕様により、広い表示領域を実現している。

鮮やかでありながら自然な発色のOLEDディスプレーを採用する

 指紋センサーは外観からは存在しないように見えるが、実際にはディスプレー内に内蔵されている。これにより、本体下部のベゼル幅も狭められた。顔認証にも対応しているので、使い分けも可能だ。

ディスプレー内に指紋センサーを内蔵している

 本体幅が約71.36mm、厚さは約7.57mmとスリムなのも特徴だ。重量も約165gと軽量で、手に持ってみると実際の数値以上に薄く、軽く感じる。片手持ちがラクにできるだけでなく、片手での操作も十分に可能だ。エッジ部分が滑らかなカーブに加工されていることで、持ち心地も良好である。

横幅は約71.36mmということで片手でも使いやすい
背面の左右の縁側は丸みを持っており手になじみやすい
上下はスパッとカットされたようなデザインが特徴的。イヤフォン端子も搭載!

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事