このページの本文へ

ファーウェイ、SIMフリーのハイエンド「HUAWEI P30」発表 5倍ズームのLeicaトリプルカメラ搭載

2019年05月21日 14時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、同社SIMフリースマホの中ではフラグシップとなる「HUAWEI P30」を発表した。発売日は5月24日。価格は税抜7万7880円。

LeicaトリプルカメラはRYYBセンサーによる暗所での強さや
5倍ハイブリッドズームなど、非常に強力

 同社は最上級機として、ドコモから「HUAWEI P30 Pro HW-02L」をリリース予定だが、HUAWEI P30もLeicaトリプルカメラを含めて、非常に強力なスペックの1台に仕上がっている。

ファーウェイのSIMでのフラグシップ機「HUAWEI P30」

 そのカメラは1/1.7型の大型4000万画素センサー、17mm相当の超広角1600万画素、光学3倍ズームの800万画素の組み合わせ。スペック自体は昨年リリースの「HUAWEI Mate 20 Pro」に近いが、メインの4000万画素は上位機と同じく、G(グリーン)の代わりにY(イエロー)が用いられた「RYYB」センサーを採用。光を40%以上多く取り込めることで暗所での強さがアップした。また5倍までは画質を落とさずに望遠での撮影が可能なハイブリッドズームにも対応している。

注目はやはりこのLeicaトリプルカメラ

 さらに夜景モードでの長時間露光でも手ぶれしにくい「HUAWEI AIS」、写真のエリアごとに最適な露出のバランスを取る「AI HDR+」、被写体に2.5cmまで近づけるマクロ撮影、AIが被写体を自動認識して最適な設定で撮影する「マスターAI」などの機能を搭載する。インカメラも3200万画素+AIとこちらも充実している。

 デザイン面では背面の左右は優雅な曲線で、上下はスパッとカットされているのが印象的。カラバリはブリージングクリスタルとオーロラの2色で、前者については9層で構成された「ナノオプティカルカラー」仕上げが美しい。

写真はオーロラのカラバリ

 スペック面を見ていくと、水滴型ノッチの6.1型ディスプレー(19.5:9、1080×2340)は上位機と同じく有機ELパネルを採用。HUAWEI Kirin 980、6GBメモリー、128GBストレージ、NMカードによるストレージ追加についても同様だ。また、71.36×149.1×7.57mm/165gという比較的コンパクトなサイズにも関わらず、3650mAhという大容量バッテリーを搭載している。ネットワーク面では、SIMフリースマホらしく、DSDVに対応しているのは強みだ。

DSDVにも対応している

 高性能カメラを中心にすべてが高いレベルでまとまったSIMフリースマホのハイエンド機だ。

「HUAWEI P30」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
価格(税抜) 7万7880円
ディスプレー 6.1型有機EL(19.5:9)
画面解像度 1080×2340
サイズ 約71.36×149.1×7.57mm
重量 約165g
CPU HUAWEI Kirin 980
2.6GHz+1.92GHz+1.8GHz
(オクタコア)
メモリー 6GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ NMカード
OS Android 9(+EMUI 9.1)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17
/18/19/20/26/28/34/38/39/40
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(DSDV)
CA
VoLTE
カメラ画素数 アウト:約4000万画素
+約1600万画素(超広角)
+約800万画素(望遠)
/イン:約3200万画素
バッテリー容量 3650mAh
防水/防塵 ×/×(IP53)
生体認証 ○(画面内指紋、顔)
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ ブリージングクリスタル、オーロラ

カテゴリートップへ