このページの本文へ

2019年の時計業界を展望!「バーゼルワールド2019」レポート第8回

腕時計のエイジングを楽しもう

【2019年バーゼル】高級腕時計のトレンド「ブロンズ」が買い!

2019年05月01日 10時00分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
タグ・ホイヤーの新オータヴィアから、高級感あるブロンズ製ケースを採用したモデルが登場

 近年、高級腕時計界のトレンドとなった素材「ブロンズ」を使用したモデルが、今年も各ブランドから発表されて豊作だ。

 ご察しの通り、経年変化によって変色する素材ではあるが、この「エイジング(経年変化)を楽しもう」という趣向である。

 とかく腕時計というと「丁寧に取り扱う」心理になりがちだが、デニムパンツのヒゲがひとりひとり着用者によって異なるように、身につけるひとの使用環境やライフスタイルによって変化するブロンズ腕時計は、「育てていく腕時計」としての愛で方を腕時計にもたらした。

新オータヴィアが大胆なブロンズに

オータヴィア キャリバー5 COSC/タグ・ホイヤー

自動巻き、ブロンズ製ケース、カーフストラップ、ケース径42mm、ブラウンセラミック製双方向回転ベゼル、ドーム型両面反射防止加工のサファイアクリスタル風防、100m防水。8月発売予定。予定価格50万2000円前後

 1933年に創業家3代目のシャルル・エドワード・ホイヤーにより、ダッシュボード計器として誕生したオータヴィア。

 その後、1962年に現会長であり4代目ジャック・ホイヤーによって、クロノグラフと回転式ベゼルを搭載した腕時計としてオータヴィアコレクションが誕生した。オータヴィアコレクションは、レーシングファンや軍関係者に人気を博し、2019年に新コレクションとして復活。

オータヴィアのヒゲゼンマイは、軽量で低密度のため重力や衝撃の影響を実質受けないといわれているカーボンコンポジット製を搭載している

 新生オータヴィアは、カーボンコンポジット製のヒゲゼンマイを使用した、クロノメーター認定を受けたキャリバー5が搭載されている。

ケース径36mmのヴィンテージ感漂うパイロットウォッチ

オリス ビッグクラウン ポインターデイト/オリス

自動巻き、マルチピースステンレススチールケース、ブロンズのトップリング、ブラウンレザーストラップ、ケース径36mm、両面ドーム型内面無反射コーティングのサファイアクリスタル風防、50m防水。4月下旬発売予定。予定価格21万6000円前後

 1938年に誕生以来、オリスを象徴するコレクション「ビッグクラウン ポインターデイト」。パイロットがグローブを着用したままでも操作できるようにとデザインされた大きなリュウズが特徴だ。

 オリジナルと同じサイズの36mmケースに、ブロンズのコインエッジベゼルと新色のディープブルーダイヤルを合わせたヴィンテージ感漂うモデルだ。ケース径が36mmのため、手首の細い男性や女性にもオススメ。

魚眼レンズを備えた伝説クロノグラフが復活

ソードフィッシュ/グラハム

自動巻き、ブロンズケース、チタニウム製シースルーケースバック、メッシュ柄グリーンラバーストラップ(ファブリックバンド付属)、ケース径46mm、サファイアクリスタル風防、18金製 時分針・クロノ針+ホワイトスーパールミノバ、10気圧防水。8月発売予定。予定価格105万8000円前後

 2004年にバーゼルワールドで発表された「ソードフィッシュ」。大ぶりな46mmケースに2つのサファイアクリスタル製の魚眼レンズを持つ個性的なクロノグラフは、当時とても話題になったが、人気に比例するようにコピーデザインが増えたため、いったん終了したという経緯がある。

 ファンが待ち望んだ新ソードフィッシュは、オリジナルデザインとサイズをほぼ継承し、世界的人気のブロンズを使用したモデルを従えて登場。ソードフィッシュを象徴する魚眼レンズは、単なるデザインではなくクロノグラフのインダイヤルを拡大する役目を担っている。


カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ