このページの本文へ

赤城ラムレーズン最高なので探しましょう

2019年04月08日 16時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラムレーズン(カップ)
メーカー希望小売価格151円
赤城乳業

 赤城のラムレーズンが最高。ラクトアイスのさっぱりした甘みにラムの香りが合い、大きなレーズンもごろっと入って満足度が高いです。チョコミントに続き、愛好家の好みを射貫く力に感服しました。150ml、202kcal、アルコール分0.4%。

 ほんのりお酒が薫るラムレーズンは人を虜にする魔性の味。

 ラムレーズンの発祥はシチリアという説があります。地元の甘いマルサラワインにスペイン・マラガ産のレーズンを一晩浸してバニラジェラートに混ぜたのが始まりとか。現地ではラムレーズンではなくマラガと呼ばれます。

 マルサラ酒の代わりにカリブ発祥とされる甘いラム酒を使ったのがラムレーズン。ハーゲンダッツが米国でラムレーズンを発売したのは1980年代(日本では1999年発売)。今ではアイスの定番になっています。

 赤城乳業はラムレーズンを流行のフレーバーにしようとねらっているようで、愛好家としてはうれしい限りです。冬季に発売していた「イベールアイスデザート スティックラムレーズン」も極上の味わいでした。

 難点はちょっと見つけづらかったこと。3月の発売日から探しまわって、近所の店に入荷したのはつい先日のこと。お酒が入っているためとろけやすく、夏より春のほうが似合うラムレーズン。今日も探しにいってきます。


カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧