このページの本文へ

Thermalright「Macho 120 Rev.B」

ThermalrightのロングセラーCPUクーラーが改良

2019年03月28日 22時14分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermalrightから、サイドフロータイプの新型CPUクーラー「Macho 120 Rev.B」が発売された。ロングセラーとなったRev.Aのリファインモデルとなる。

サイドフロータイプの新型CPUクーラー「Macho 120 Rev.B」

 2015年に発売された「Macho120 Rev.A」から、搭載クーラーと付属グリスを変更した新製品。冷却ファンは、120mmタイプ「TY-121 BW」(回転数600~1300rpm/ノイズレベル最大25.4dBA/風量最大46.19CFM)から、新モデルの「TY-121」(回転数600~1800rpm/ノイズレベル19~25dBA/風量25.76~77.28CFM)に変更された。

「Macho120 Rev.A」をベースに搭載クーラーと付属グリスを変更した新モデル

 グリスは熱伝導率9.5W/m-kの「TF4」が付属。冷却性能をそのままに動作音を軽減。対応TDPは200Wを維持したとしている。そのほか、6mm径×5本のヒートパイプを採用したヒートシンクや本体サイズ127(W)×120(D)×150(H)mmは変わらず。対応ソケットは、LGA 2066/2011-3/2011/1366/115x/775、Socket AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM2+/FM2/FM1。

高さを150mmに抑えたデザインはそのまま

 価格は6480円。ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中