このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第501回

業界に多大な影響を与えた現存メーカー ハードウェアビジネスから脱却して再成長したIBM

2019年03月11日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AS/400PowerPCに寄り道していたが、話を2000年あたりに戻す。Gerstner, Jr.CEOの元で財務状態の再建とビジネスの転換を順調に図っていった、という話は連載495回で説明した通り。

 もっともGerstner氏が本当に行なったのは、ビジネスの転換というよりは、企業文化の転換というか変革と言う方が正確だったのかもしれない。

Louis V. Gerstner, Jr.氏

 Watson親子によって形成されたIBMの文化は非常に強固なもので、それはそれである意味好ましいものではあったのだろうが、その結果として外部の変化に背を向けるようなことになっていたため、これを改革しないことには小手先のビジネスの転換ではIBMの苦境を救うのは不可能であった。

 このあたりの経緯は、Gerstner氏自身の著作である“Who Says Elephants Can't Dance?”邦訳は「巨像も踊る」)に詳しいので本稿では割愛する。最終的にGerstner氏は2002年2月末でCEOを退任、会長職も2002年一杯で退任し、後継はSamuel J. Palmisano氏となった。Palmisano氏は大学卒業後、そのままIBMに営業職として入社し、以後ずっとIBMの中で昇進してきた生え抜きである。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン