このページの本文へ

ASCII 春のベストセレクション 2019 ― 第1回

安さのT3か、ハイスペックのM5か、迷った結果は?

漫画読むならやっぱり8インチ!MediaPadでいつでもキングダムな夫婦

2019年03月08日 11時00分更新

文● 大谷イビサ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 年末にかみさんのクリスマス&誕生日プレゼントで購入したのがファーウェイの8型タブレット「HUAWEI MediaPad T3」だ。画面の大きい8型タブレットは電子書籍に最適。もともとサムスン電子のタブレットを愛用していた私とあわせて、常時キングタムを読める夫婦になった。

MediaPadでキングダムをいつでも読むぞ

「スマホの液晶がツラい」からタブレット購入へ

 最近、かみさんが「スマホの液晶がツラい」とのたまうようになった。40代も後半となると老眼は避けて通れない。LINEのやりとり程度ならともかく、最近は「dマガジン」で雑誌をスマホで読んでいるらしく、小さい画面がツラくなっているようだ。幸いなことに私は老眼ではないが、読みづらいのは確か。毎回ピンチするのもうっとおしい。

 私は以前からタブレットのヘビーユーザーで、5年前に買った「GALAXY Tab S 8.4」を今も愛用している。文庫本よりやや大きめの8型タブレットは、5型のスマホに比べれば画面は大きいし、10型のタブレットに比べれば軽い。裏を返せばスマホに比べて重いので、万人受けする端末とは思わないが、電子書籍(特にマンガ)は圧倒的に読みやすい。昨年からはキングダムを電子書籍で揃え始め、肩掛けカバンに入れたタブレットを使えばいつでもキングダムが読めるようになっている。ラスベガス出張に行っても、岳嬰が離眼勢にいちゃもん付けるシーンとか、すぐに読める。いいだろう。

 それを見たかみさんが「いいなあ。私もタブレットでキングダム読みたいなあ」と一言。ということで、誕生日とクリスマスのプレゼントとしてタブレットを贈ることにした……間違えた。誕生日とクリスマス、今年のホワイトデー、結婚記念日までまとめたプレゼントだ。

ファーウェイの8型タブレット、M5とT3で迷う

 まずサイズは文句なく7~8型。ほぼ電子書籍用途で、価格を抑えたかったので、安価なAndroidタブレットに絞ることにした。NEC PCやASUSなどいくつか選択肢があるが、年末キャンペーンでファーウェイ製品はポイント20%還元中。さっそくビックカメラで実物を確認してみる。

 ビックカメラ池袋本館 パソコン館に出向くと、スマホからタブレットまでファーウェイ製品がずらりと並ぶ。8型タブレットの場合、ファーウェイは安価な「MediaPad T3」と、最新機種の「MediaPad M5」という2つの選択肢がある。見た目は似ているが中身はけっこう違う。

 まずM5はT3に比べてもサイズが少し大きいのだが、約34g軽量。解像度も800×1280というT3に対して、M5は2560×1600とかなりの差がある。プロセッサも差があり、店頭販促のお姉さんも「T3はクアッドコアだけど、M5はオクタコア」とわかりやすく説明してくれた。スマホ売ってるのに、なんだかパソコン館っぽい。メモリやストレージ容量の差も歴然だし、発売時期は1年も変わらないのに、すごい進化と言える。

 正直、スペック厨の私であれば迷わずMediaPad M5だが、タブレット初心者のかみさんであればT3でよいのではないかと判断した(安いだけじゃないんだからね)。以前にKindleをプレゼントしたことあるのだが、「画面で読むのはやっぱりね」とかよくわからない理由で放り出されているので、今回は2万円を切る価格を最優先した。導入したのはLTEモデルで、家族で使っているIIJ mioのSIMを同日発注した。セットアップはもちろん私だ。

かみさんもめでたくヘビーユーザーに!

 年末にMediaPad T3を購入してから、ずいぶん時間が経っているが、結果から言えばめちゃヘビーに使っている。dマガジンの雑誌やキングダムを読むのはもちろん、ちょうど転職活動をしていたので、WebブラウジングもMediaPad T3でやっているようだ。なによりバッテリはもつし、800×1280という一昔前の解像度はむしろ目に優しい。LTE搭載なので、日常的に持ち歩いて、外でも使っているようだ。

左からiPad、真ん中がMediaPad T3、右がGALAXY Tab S

 面白いのは、ブログの更新までタブレットでやり始めたことだ。これは自分にも思い当たる節があるのだが、物理的に液晶サイズが大きいと、ソフトウェアキーボードも打ちやすいのである。今ではなつかしの親指入力で、私もブログの更新や記事の修正までタブレットで対応できる。かみさんも同じで、はた目から見ていると、パソコンを開くのが激減した。記事を書き、パワポやエクセルをいじらなければならない私と違い、かみさんの作業の多くはタブレットとスマホで完結してしまうわけだ。

 とはいえ、3ヶ月使うと、弱点も浮き彫りになる。まずは「重い」という不満が出てきた。確かに約350gのMediaPad T3は、私が使っているGALAXY Tab Sよりも重い。購入しなかったM5に比べた34gの違いは、「たかが」だと思っていたら、「されど」だったわけだ。もう1つはカメラにフラッシュがないこと。ブログで使う写真を撮るのにやや不便しており、調べてみたらフラッシュ非搭載だったわけだ。

 とはいえ、8型タブレットはコンテンツビューアとしては最高。カフェでも、出張でも、家の中でも開けば、すぐにキングダムが楽しめる。私は最新刊まで含めて2周目まで終え、かみさんは趙からの侵攻戦をゆっくり堪能している。私もほぼ同時期にスマホをHUAWEI P20 Liteに買い換えたし、GALAXY Tab Sが壊れたら、MediaPad M5を購入すると思う。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン