このページの本文へ

「一人の力で日経平均を動かせる男」に聞いた:

230億円稼いだ投資家に人生で大切なことを教わった

2019年03月01日 16時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●勝負にこだわったら負け

 cisさんのすごさの1つは、一つひとつの勝負に入れ込むことなくトータルの利益を優先できるところにあります。コンピューターのように冷静な判断ですが、その感覚はパチスロや麻雀やポーカーなどギャンブルやゲームを通じて培われたところもあるのではないかとcisさんは振り返ります。

 「今となっては投資は守備寄りですが、麻雀やポーカーではリスクに対してニュートラル。期待値の最大化をつねに模索しています。不完全情報ゲームで確率に身をゆだねたものをやりすぎていたので、ブレに対して精神的に鈍感になっているところがあるかなと。勝っても勝っても高揚しない、負けても負けても高揚(落胆)しない。それは投資の世界では強いのかもしれないです」

 この話は『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』でも書かれています。子どものころcisさんはファミコンやカードゲームなども好きでしたが、ゲームは勝つことではなく「勝てる確率が高い勝負をすること」を重視していたそうです。そのため勝率7割のゲームで負けたとしても悔しさはほとんどなかったそうです。これがいわゆる天性かと感じるところがありました。

 ちなみにcisさんはPCやスマホのゲームなども好き。相場に必要な「いろんなことを瞬時に判断できる力」と「目を疲れさせずに画面を見る力」がきたえられたそうです。ちょっと笑ってしまいましたが、相場はすばやい処理と応答が求められるスポーツのようなものだと考えるととても大事なフィジカル要素なのかもしれないと感じました。

 「目が疲れると頭が痛くなって思考力も落ちるし、健康にもよくない。疲れずに見る力というのは現代においてある程度重要だと思います。格ゲーのウメハラくんと話したときも『今は疲れないです』と言っていましたね」

 最後に、もう1つcisさんがすごいところは、230億円という大金を稼いでも淡々としていて謙虚なところです。「いくら勝っても高揚しない」という性格から来るものかもしれませんが、これが最大の強みかもしれません。

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新