このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第600回

猫を遠くからこっそり撮影できるオリンパスの12-200mmレンズ

2019年02月26日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパスが3月に発売する
12-200mmレンズで遠くからこっそり撮影

 猫を撮るとき、望遠であればあるほどいざというとき便利なんだよね、とは誰もが思うわけで、猫が警戒してて近寄れないときや、こそっと撮りたいときに望遠レンズがあれば余裕で撮れるし、近寄れるときも顔のアップを撮りたいと思ったら望遠レンズが有利。

200mm(35mm判換算で400mm相当)で毛繕いしてる姿を遠くから狙ってみた。2019年2月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 でも、遠くにいた猫がいきなりとことこと寄ってきたりしたら望遠だとまずい。背景もいっしょに撮りたい場合は広角寄りのレンズが欲しい。でも瞬時にレンズ交換するのは超高難度(慌ててレンズを落としたりしたら泣ける)。そこで、広角から望遠まで1本でこなせる高倍率ズームレンズがあるとめちゃ便利だな、と思うわけである。

 そして今、オリンパスが3月下旬に発売予定の12-200mm(35mm判換算で24-400mm相当)という、かなりヤバいレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」がひと足先に到着し、手元にあるのだ。多くの高倍率ズームレンズが35mm判換算で28mm相当スタートなところ、24mm相当とちょっと広角ぎみなのはうれしいし、プロ向けの高級レンズではなく、一般向けのレンズなので比較的小型軽量なのも持ち歩く際にうれしい。

オリンパスのE-M1 Mark IIに装着した「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」。比較的コンパクトながらズーム倍率が高くて便利すぎ

 12mmと200mmってどのくらい差があるのか。このくらいである。

12mmで撮った猫。どこにいるかわかります? 中央やや下、サビネコなので土の色とまざっちゃうのだ。2019年2月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II
こちらが200mm。もちろん同じ位置から撮影。これだけぐぐっと寄れるのだ。2019年2月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 画質的には、同じオリンパスの12-100mmに比べると少し落ちるけれど、12-100mmはクオリティーを重視した「プロレンズ」のシリーズ。12-200mmの方は一般向けのレンズなので、軽くてコンパクトで安いのだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン