このページの本文へ

ネットワークで繋がっていれば使いたいプロジェクターをブラウザーから指定するだけ

プレゼンや会議で便利に使えるプロジェクター用ソフトウェア「Webからプロジェクション」、エプソンより

2019年02月14日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソン販売は2月14日、ウェブブラウザー上で使用したいプロジェクターを選択すれば簡単に接続できるプロジェクター用ソフトウェア「Webからプロジェクション」を発表。2月28日に発売する。

 フリーアドレス化されたオフィスなどでネットワーク環境下でケーブルの抜き差しをすることなくプロジェクターとパソコンの接続で簡単に行なえるソフトウェア。ウェブブラウザー上で使用したいプロジェクターを選択するだけで接続し、ワイヤレスで投影できる。PCは最大50台まで同時に接続でき、投影する画面の切り替えも可能。また、最大4台までのPC画面を4分割して同時投影も行なえる。

プロジェクター選択画面

 価格はオープンプライス。ダウンロードして60日間無料で体験できる評価版も用意される。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ