このページの本文へ

エプソン、4K映像を観られるホームプロジェクター2機種

2019年02月12日 14時15分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンは2月12日、3LCD方式のホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ)シリーズ」において、「EH-TW8400/EH-TW8400W」を発表した。販売開始は2月21日からで、参考価格は約32万3978円から。

 4K・HDR対応のホームプロジェクター。従来機種 「EH-TW8300/EH-TW8300W」と比べ、明るさは2600lmと100lm明るくした。HDR10に加え、HLG(Hybrid Log Gamma)にも対応したので、Ultra HD Blu-rayや4K放送も観られる。4K/60p 18Gbpsの伝送帯域にも対応。情報量が豊富で、映像の明暗差を豊かに表現でき、肉眼で見た映像に近い、リアルな表現が可能だという。

 同社の4Kエンハンスメントテクノロジーと、光の透過率が高いフルHDのパネルを使用。光を効率的に活用し、4K相当の解像度を実現しながら明るく色鮮やかな色彩表現を可能にしたという。明るいリビングでも映画鑑賞やドラマ、スポーツ、音楽、ゲームなどを大画面で観られる。

 EH-TW8400Wはワイヤレス対応。参考価格はEH-TW8400が約32万3978円で、EH-TW8400Wは35万6378円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン